保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



面接試験と言うのは、面接を受けている人がどんなタイプの人なのかを確認することが目的なので、きれいな言葉を上手に並べることが必要だということはなく、精一杯伝えることがポイントです。
【応募の前に】成長している業界の企業には、魅力的なビジネスチャンスに出会うことがたくさんあるのだ。それゆえ新規事業参入のチャンスもあれば、子会社の設立に携わったり、大切なプロジェクトやチームなどを担当できる可能性が高くなるのです。
ひとたび外国企業で就職したことのある人のほとんどは、変わらず外資のキャリアを踏襲するパターンが多いです。換言すれば外資から日本企業に就業する人は、特殊だということです。
ある日唐突に有名会社から「あなたをわが社にぜひ欲しい」なんて事は、まずないと思います。内定を数多く貰うタイプの人は、それだけいっぱい不採用にもなっていると思われます。
初めに会社説明会から出席して、記述式試験や何回もの面接と勝ち進んでいきますが、それらの他に就業体験や同じ学校の卒業生を訪問したり、リクルーターとの面談等による切り口もあります。

会社説明会というものとは、企業が開く就職関連の説明会のことで、よくセミナーとも呼ばれます。その会社を希望している学生や求職者を呼び集めて、会社の展望や募集要項などの大事な事項を案内するというのが典型的です。
無関係になったといった見解ではなく、汗水たらして自分を受け入れて、その上内定まで貰った企業に向かって、誠実な受け答えを肝に銘じましょう。
今の会社よりもっといわゆる給料や労働条件が手厚い就職先が見つかったような場合に、あなたも他の会社に転職を望んでいるのであれば、未練なくやってみることも重要でしょう。
会社というものはいわば、個人の具合よりも組織の事情を重要とするため、随時、気に入らない転勤があるものです。言わずもがな当事者にしてみれば不満足でしょう。
第一希望にもらった内々定でないからといった理由で、内々定についての企業への意思確認で苦悩する必要はありません。就活がすべて終了してから、見事内々定をもらった会社の中から選定するようにしてください。

新卒ではなくて仕事に就くには、派遣の仕事でもアルバイトでもいいので「職歴」を作っておいて小さめの会社を狙って個人面接を受ける事が、原則の逃げ道なのです。
正直なところ就職活動を始めたときは、「就職活動がんばるぞ!」そんなふうに真剣だった。けれども、数え切れない程不採用ばかりで、いまじゃもう採用の担当者に会うことすら恐れを感じてしまうのだ。
転職といった、言ってみれば奥の手を何度も出してきたような人は、つい転職した回数も増えます。そんな理由から、1個の会社の勤続年数が短期であることが多いわけです。
色々な企業により、業務内容やあなたのやりたい仕事も様々だと感じますので、あなたが面接で売りこむ内容は、様々な会社によって相違するのがもっともです。
内々定に関しては、新卒者に行う選考等での企業と企業の倫理憲章に、正式な内定日は、10月1日以降でなければならないと規定されているので、それまでは内々定という形式をとっているのだ。


面接と言うのは、就職希望者がどういった特性の人なのかをチェックすることが第一義ですので、練習したとおりに話すことが評価されるのではありません。一生懸命に声に出すことが大切だと思います。
注目されている企業と認められる企業の中でも、数千人もの就職希望者が殺到する企業では、選考にかけられる人数の限界もあるので、まず最初に大学だけで、篩い分けることはしばしばあるようなのだ。
意外なものとして大学卒業時に、新卒から俗にいう外資系の企業への就職を目論む方もいるけれど、やはり実際には多いのは、日本企業で勤めてから、早くても30歳前後で外資に転身というケースが増えてきています。
いわゆる圧迫面接で、いじわるな質疑をされた場面で、無意識に怒ってしまう人がいます。同情しますが、思ったままを表に現さない、社会での基本事項です。
ある日偶然に人気の会社から「あなたをぜひ採用したい」などという話は、おそらくないでしょう。内定を多く受けている人は、それだけ大量に不合格にもなっているのです。

新卒以外の者は、「採用されそうで、職務経験も蓄積できそうな会社」なら、なんとしてでも就職するべきです。零細企業でも差し支えありません。職務経験と職歴を蓄えられればそれで問題ありません。
外資系企業で仕事に就いている人は、少なくはない。外資系と言えば、もともとは中途採用のすぐに力を発揮できる人を採用するようなイメージがありましたが、今時は、新卒の就業に積極的な外資系企業も増えてきている。
「好んで選んだことならばいくら苦労しても堪えることができる」とか、「自らを高めるために無理して悩ましい仕事を拾い出す」というような事例は、割とよく耳に入ります。
職業安定所では、各種の雇用や経営についての社会制度などの情報があり、ついこの頃には、なんとか情報そのものの取り扱いも進歩してきたように実感しています。
いわゆる会社というものは、1人ずつの都合よりも組織全ての都合を先にするため、時たま、気に入らない配置異動があるものです。言わずもがな当の本人なら腹立たしいことでしょう。

賃金や就業条件などが、どんなに満足なものでも、働く環境自体が思わしくないものになってしまったら、またもや他の会社に転職したくなる懸念もあります。
内省というものが必要であるという人の意見は、自分とぴったりする職務を探す上で、自分の良い点、心惹かれること、特技を自覚することだ。
たくさんの就職選考に挑戦していると、非常に残念だけれども落とされることが続いて、活動を始めた頃のモチベーションが日増しに落ちることは、どんなに順調な人でも起きて仕方ないことです。
就職活動において最終段階にある試練である面接に関わることの説明することにします。面接試験⇒応募者と会社の担当者による対面式の選考試験。
はっきり言って退職金があっても、自己退職の人は会社にもよるけれども、当然解雇されたときほどの額はもらえません。だからそれまでに転職先が決まってから退職しよう。

このページの先頭へ