保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


内々定と言われているのは、新卒者に関する採用選考等に関する企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式な内定を連絡するのは、たとえ早くても、10月1日以降にするべしというふうに決められているので、やむを得ず内々定というかたちにしているのです。
肝要なポイントは、再就職先を決めるときは、必ずあなたの希望に忠実に選定することであり、どんなことがあっても「自分のほうを就職先に合わせよう」なんてふうに考えてはいけないのである。
圧迫面接というイヤな面接手法で、厳しい質問をされたような時に、思わず立腹してしまう方がいます。それは分かりますが、激しい感情を表に現さない、社会人ならではの常識なのです。
携わっている仕事の同業者に「家族のコネを使ってSEだったけれど転職をした。」という異色の経歴を持つ男がいるのだが、その人の意見としてはSEをやっていたほうが全く比較できないほど楽が出来たとのことです。
たった今にでも、中堅社員を雇いたいと計画中の企業は、内定が決定した後相手が返答するまでの間を、短めに制限枠を設けているのがほとんどです。

「自分の選んだ道ならばどれほど過酷でも堪えることができる」とか、「自己を成長させるために積極的に大変な仕事をすくい取る」という例、よくあります。
注意が必要なのは、人材紹介会社は多いけれども、本来は就職している転職希望の人に使ってもらうところであるから、実際の経験がどんな仕事の場合でも2~3年くらいはないと対応してくれないのです。
ここ数年は就職内定率がついに過去最悪ということのようだが、しかしそんな状況でも確実に採用内定をもらっている人がたくさんいる。採用される人とそうではない人の違うところはいったい何なのか。
【応募の前に】成長中の業界には、大きなビジネスチャンスに遭遇することがあるから、新規事業開始のチャンスもあるし、子会社や関連会社の設立に携わったり、大切なプロジェクトやチームなどを担当できる可能性が高くなることが多い。
面接選考の際意識してもらいたいのは、自分自身の印象なのです。数十分しかない面接では、あなたの本当のところはつかめない。したがって、採否は面接を行ったときのあなたの印象が決めているとも言えるのです。

就職試験の一つに、応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施しているところが増加中。会社は面接だけでは見られない本質の部分を確かめるのがゴールなのでしょう。
面接すれば、100%転職理由について質問されます。「なぜ退職したのか?」に関しては、どんな企業の担当者も最も重要視するポイントです。そんな訳で、転職理由を熟考しておくことが求められます。
気になる退職金とはいえ、自己都合による退職のときはそれぞれの会社にもよるのだが、もちろん会社都合の場合ほどは受け取れないので、先に転職先が決まってから退職するべきなのです。
明言しますが就職活動をしているのなら、ぜひ自己分析(自己理解)をしておくと望ましいと教えてもらい分析してみた。しかし、聞いた話とは違って全然役に立たなかったということ。
総合的にみて営利組織は、途中採用した社員の育成に向けてかける期間や金額は、可能な限り抑えたいと想定しているので、自分の努力で結果を示すことが望まれているのでしょう。



就職先で上司が素晴らしい能力ならいいのだが、逆に仕事ができない上司だったら、どのようなやり方で自分の能力を提示できるのか、あなたの側が上司を操縦することが、肝心。
第一希望の応募先からじゃないからという理由で、内々定についての返事で悩むことはありません。すべての活動を終えてから、内々定をもらった会社の中で選ぶといいのです。
どんな状況になっても大事なのは、自分の成功を信じる信念なのです。間違いなく内定が頂けると考えて、自分らしい一生を精力的に歩んでいきましょう。
一般的に見て最終面接の段階で聞かれるようなことは、従前の面接の折に既に聞かれたようなことと反復になってしまいますが、「志望したきっかけ」というのがとても大半を占めるようです。
通常の日本の会社で体育会系といわれる人がよしとされる理由は、言葉遣いがちゃんとできるためだと聞いています。いわゆる体育会系の部活動では、常に先輩後輩といった上下関係が厳格であり、苦労することなく覚えてしまうのです。

即座にも、中途採用の人間を雇いたいという会社は、内定決定してから相手が返事をするまでの間を、ほんの一週間程に制約しているのが通常の場合です。
就職しながら転職活動を行う場合は、周囲の知人達に考えを聞くことも厄介なものです。一般的な就職活動に鑑みると、話を持ちかけられる相手はある程度限定的なものでしょう。
就職面接において、緊張せずに試験を受けるということを実現するには、一定以上の経験が欠かせません。けれども、本当に面接試験の場数をそんなに踏めていないと特別な場合以外は緊張します。
「就職氷河時代」と初めて称された時期の世代で、マスコミや世間の動向に引きずられる内に「就職できるだけもうけものだ」なんて、仕事に就く先を慌てて決めてしまった。
一般的に企業というものは、社員に利益の一切合財を割り戻してはいません。給与と比べて現実の労働(必要とされる労働)は、正直なところ具体的な労働の半分かそれ以下ということだ。

現実には就職活動で、出願者のほうから応募希望の職場に電話するということは基本的になく、それよりも応募先の会社がかけてくれた電話を受け取る場面の方がかなり多い。
「文房具を持参すること」と載っていれば、紙での試験の疑いが強いですし、よくある「懇親会」とある場合は、小集団でのディスカッションが開かれるケースがよくあります。
では、勤務したいのはどんな会社かと聞かれたら、うまく答えられないが、今の勤務先に対して感じている不満を聞いてみると、「自分に対する評価が間違っている」と思っている方が非常に多く存在していると言えます。
電話応対だとしても、面接であると認識して取り組みましょう。逆に言えば、担当者との電話の応対であったり電話のマナーが優れていれば、それに伴って評価が高くなるということなのである。
就職してもとってくれた企業が「思っていたような職場じゃない」であるとか、「こんな職場なんか辞めたい」なんていうことまで思っちゃう人は、いくらでもいます。

このページの先頭へ