保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



わが国の秀でたテクノロジーの大半が、大企業ではなく、中小企業の小さな町工場で生まれているのだ。給与とか福利厚生についても充実しているなど、素晴らしい企業もあるのです。
売り言葉につい買い言葉を発して、「こんな会社いつでもやめてやる!」などといった感じで、我慢できずに退職する人も見受けられますが、こんなに不景気のなかで、勢いだけで退職することは決してあってはならないのである。
先々、上昇が続くような業界に就職するためには、その業界が現実的に成長業界なのかどうか、急激な発達に適合した経営が無事にできるのかどうかをはっきりと見定めることが必要なのです。
色々な会社によって、ビジネスの内容やあなたのやりたい仕事もそれぞれ異なると思いますので、あなたが面接で触れ込むべき内容は、それぞれの企業によって異なるのが当然至極です。
あり得ないことかもしれませんが運送の仕事などの面接試験において、どんなに簿記の1級の資格を持っていることを伝えてもまるっきり評価の対象にならない。事務の仕事の場合は、高い能力の持ち主として期待される。

「隠し事なく胸中を話せば、転業を決意した最大の要素は収入のためなのです。」こんな例もしばしばあります。とある外資系会社の営業担当の30代男性社員のエピソードです。
私も就職活動を始めたときは、「すぐにでも就職するぞ」と本気だったのだが、毎度毎度採用されないことばかりで、このごろはもう会社の説明を聞くことすら恐れを感じてしまっているのです。
転職という、言ってみればジョーカーをこれまで繰り返し切ってきた履歴がある方は、つい離転職した回数も膨らむのだ。それがあるので、同一会社の勤務年数が非常に短いということが多いわけです。
ここ何年か本格的に就職や転業するために活動するような、20代、30代のジェネレーションの親にしてみれば、まじめな公務員や評判の高い一流企業に入れるならば、最良だと考えているのです。
仕事の何かについて話す都度、少し抽象的な感じで「一体どんなことを考えているか」だけでなく、更に現実的な例をミックスして言うようにしたらよいと考えます。

企業と言うものは、1人だけの都合よりも組織全ての都合を重要とするため、時たま、予想外の配置異動があるものです。明白ですがその当人には不満がたまることでしょう。
面接自体は、受検者がどういった特性の人なのかを見抜こうとしている場ですので、練習したとおりに話すことが求められているのではなく、飾らずに語ることが大切だと思います。
人によっていろいろな要因をもって、違う会社への転職を希望している人が予想以上に増えているのだ。けれども、転職すると決めたはいいけれど、再就職してからの人生に今までとは大きな差が出る場合もいくらでもあるのが実情である。
人材・職業紹介サービス、派遣会社では、企業に就職した人が早く退職してしまうなどの失敗があれば、自社の評判が悪くなるので、企業の長所も短所も全て隠さずにお伝えするのです。
今すぐにも、中堅社員を増やしたいと計画している企業は、内定決定後の回答を待つ間を、ほんの一週間程に期限を切っているのがほとんどです。


今後も一層、成長が見込まれる業界に就職先を探したいのなら、その業界が真に発展している業界なのか、急激な成長に調和した経営が無事にできるのかどうかを洞察することが必要なのです。
公共職業安定所では、色々な雇用情報や会社経営に関連した制度などの情報が公表されており、ここへ来て、やっとこさ就職情報の取り扱いも好転してきたように思っています。
会社ごとに、業務の詳細や自分が望んでいる仕事も違っていると考えていますので、企業との面接で披露する内容は、各会社により異なってくるのがしかるべき事です。
「自分の選んだ道ならばいくら苦労しても堪えることができる」とか、「自分を向上させるために無理にもしんどい仕事を選びとる」というようなケース、しきりと聞いています。
会社ガイダンスから列席して、適性検査などの筆記試験、数多くの面接と動いていきますが、このほかにも無償のインターンシップや同じ学校の卒業生の話を聞いたり、採用担当者との面談などによるやり方もあります。

通常の日本の会社で体育会系出身の人材がいいとされる理由は、ちゃんとした言葉遣いができるためだと聞いています。学生とはいえ体育会系の部活動の世界では、常時先輩後輩という上下関係がはっきりしているため、誰でも身につくものなのです。
会社説明会というものとは、企業の側が催す就職関連のガイダンスのことで、別名セミナーともいいます。その会社を志望する生徒や求職者を呼び集めて、企業概要や募集要項といったことを説くというのが通常のやり方です。
まずはそこが果たして正社員に登用する気がある会社かどうか把握した後、可能性があると感じ取れるなら、一先ずアルバイトやパート、派遣などとして働く。そして正社員になることを目指してもらいたい。
今の会社を退職するまでの覚悟はないけど、何とかしてもっと月収を増やしたいようなケースなら、可能ならば資格を取得するというのもいい手法と言えそうです。
転職活動が新卒者などの就職活動とまるっきり異なるところは、「職務経歴書」と言われています。経験してきた職務経歴をできるだけ簡潔に、要点を押さえて記載するようにしないといけません。

選考試験において、応募者をグループにしてグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を取り入れている企業は沢山あります。採用側は面接とは違った面から性質を見ておきたいというのが主旨だろう。
新卒以外の者は、「入社が可能で、職務経験も見込める会社」なら、如何にしても契約しましょう。小さい会社でもいいのです。実体験と業務経歴を積み上げることができればそれで大丈夫です。
人材紹介会社とか派遣会社なんかは、企業に就職した人が予定より早く退職してしまうなど失敗があると、自社の評価が下がるので、企業の長所及び短所を全て正直にお話しします。
現在は成長企業でも、確かに就職している間中平穏無事ということではありません。ですからそういう要素についても十分に情報収集が不可欠。
総じて会社そのものは、中途の社員の育成に向けてかける期間や金額は、なるべく削りたいと想定しているので、独力で能率を上げることが望まれています。

このページの先頭へ