静岡県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

静岡県にお住まいですか?静岡県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


重要で忘れてはいけないことは、勤め先を決めるときは、ぜひあなたの希望に忠実になって決定することであって、どのような場合でも「自分のほうを応募先に合わせなければ」なんてことを考えては失敗するだろう。
圧迫面接というイヤな面接手法で、意地の悪い質問をされた場面で、図らずも気分を害する人がいます。その気持ちは理解できますが、素直な気持ちを表さないようにするのは、社会での基本的な事柄です。
面接自体は、受検者がどういった特性の人なのかを把握するための場所ですから、準備した文章を上手に読みこなすことが絶対条件ではなく、飾らずにお話しすることが重要なのです。
「自分自身が今に至るまで成長させてきた固有の技能や特質を踏まえて、この業務に就きたい」というように自分と紐づけて、かろうじて面接の相手にも現実味をもって意欲が伝わるのです。
「入りたいと願っている会社に相対して、自分自身という働き手を、どれほど優秀で華麗なものとしてプレゼンテーションできるか」という能力を高めろ、ということが重要だ。

内々定というのは、新規学卒者に関する採用選考の企業同士の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定する日は、10月1日以降ですと定めているので、とりあえず内々定という形式をとっているものなのだ。
ふつう会社は社員に向かって、いかほどの有利な条件で雇用契約してくれるのかと、どれほど早く会社の現実的な利益上昇に引き金となる能力を、機能してくれるのかだけを夢想しているのです。
第二新卒というのは、「学校を卒業して就職したものの数年で退職した若年の求職者」を表す言葉なのです。今日この頃は早期に離職してしまう若年者が増加していることから、このような新しい表現が誕生したと想像がつきます。
【就活のための基礎】成長している業界の企業には、魅力的なビジネスチャンスに遭遇することがあると言える。新規事業参入の機会もあれば、子会社の設立に携わったり、新しい事業やチームをまかされるを担当させてもらえる見込みが高くなることが多い。
社会人でも、正しい丁寧語、謙譲語そして敬語などを使うことができている人はあまりいません。ほとんどの場合、社会人として普通にただの恥で済ませられるけれど、面接時に間違えると不採用を決定づけるような場合が多い。

公共職業安定所の職業紹介を受けた場合に、その職場に就職できることになると、年齢などの要因によって、当の企業から公共職業安定所に紹介したことによる手数料が必須だそうです。
確かに就職活動をしているときに、気になっているのは、その会社のイメージや関心度などが大抵で任される仕事の詳細についてではなく、応募先全体をうかがえる実情である。
面接試験では、非常に高い確率で転職理由について質問されるだろう。「どんな理由で辞めたのか?」ということは、どんな会社も最も重要視するポイントです。そんな意味から、転職理由を整理しておくことが求められます。
気持ちよく作業をしてもらいたい、少しだけでも良い処遇を与えてあげたい、その人の可能性を引き出してあげたい、進歩させてあげたいと企業の側もそういう思いなのです。
一番最初は会社説明会から参加して、筆記考査や数多くの面接とステップを踏んでいきますが、このほかにも夏休みを利用してのインターンシップや卒業生への訪問や採用担当者との面接による等のやり方もあります。


企業での実務経験を持っている場合、人材紹介会社であっても利用してもよいと考えられる。どうしてかといえば人材紹介会社を使ってまで人材を集めている会社というのは、即戦力を採用したいのである。
いまは、第一志望の会社ではないという事かもしれませんが、今募集している別の企業と比べてみて、少しだけでも魅力的に思われる点は、どんな点にあるのかを考えてみて下さい。
ここ数年は就職内定率が最も低い率なのだそうだが、にもかかわらず粘って採用の返事を掴み取っている人が少なからずいるわけです。採用してもらえる人と採用されない人の活動の違いはどこなのでしょうか。
あなた方の近しい中には「自分の好みの傾向が簡潔な」人はいるでしょうか。そういった人なら、会社にすれば役立つ点が明瞭なタイプといえます。
現在の業種を変更するほどの気持ちはないが、何とかしてさらに収入を多くしたいのだというケースでは、できれば何か資格取得に挑戦するのも一つの戦法と断言できます。

外資で労働する人は、今では既に珍しくない。外資系の会社と言ったら、かつては中途採用のすぐに戦力となる人間を採用する雰囲気を感じたが、今頃では、新卒の入社に前向きな外資系企業も目につくようになってきている。
第二新卒という言葉は、「一度は就職したものの短期間(3年以内)に退職した若者」のことを指し示します。昨今は早期に離職してしまう若年者が増えているため、このような名称が誕生したと考えられます。
是非ともこれをやりたいという仕事もないし、どれもこれも良さそうと考えるあまり、挙句実際のところ何がしたいのか面接できちんと、アピールすることができないのである。
新卒でない者は、「なんとか入れそうで、職務経験もつめそうな会社」なら、なんとしてでも就職するのです。ほんの小さい会社だろうと気にしません。実体験と業務経歴を蓄積することができればよいでしょう。
それなら働きたいのはどのような企業なのかと言われたら、なかなか答えることができないけれど、今の職場への不満を聞いてみると、「自分に対する評価が間違っている」と思っている人がとてもたくさんいます。

まれに大学卒業と同時に、言ってみれば外資系企業を目指す人もいないわけではないが、当然のことながらたいていは、日本の企業で採用されてから、早くても30歳前後で外資系企業に転身というケースが増えてきています。
いくら社会人だからといって、正しい日本語や敬語を使えている人はあまりいません。ところが、社会人ならば恥で済ませられるけれど、面接で敬語を使い間違えると不採用を決定づけるようなことがほとんど。
職に就いたまま転職活動を行う場合は、周辺の友人に話を聞いてもらう事自体もなかなか難しいものです。新規での就職活動に照らし合わせてみると、話をできる相手は割合に限定的な範囲の人になるでしょう。
一言で面接試験といっても、わんさとケースが見られます。このホームページでは個人面接とか集団面接、(複数の応募者が参加するもの)、そして昨今増えているグループ面接などを核にしてお話しているので、ご覧くださいね。
就職したのにその企業について「思い描いていたものと違った」更には、「やっぱり辞めたい」などと思う人など、腐るほどいるのです。


自分自身の内省をする機会の要注意点としては、具体性のない表現をなるべく使用しないことです。観念的な言い方では、採用担当者を合意させることは難しいと知るべきなのです。
面接という場面は、就職希望者がどういった特性の人なのかを見定める場所になりますから、きれいな言葉を上手に並べることが絶対条件ではなく、真心を込めて伝えようとする態度が大事なのです。
会社の基本方針に不満だからすぐに退職。ひとことで言えば、この通りの考慮方法を持つ人に向かって、人事担当者は疑いの気持ちを禁じえません。
実は退職金というのは、自己退職の人は会社の退職金規程にもよるのだが、解雇と同じだけの額は受け取れません。だから先に再就職先が確保できてから退職する方がいい。
内々定と言われるのは、新規卒業者(予定者)に係る採用や選考に関する企業間の倫理憲章(取り決め)に、正式な内定を連絡するのは、10月1日以降でなければいけないというふうに決められているので、やむを得ず内々定というかたちをとっているということです。

何と言っても、わが国の世界と渡り合えるテクノロジーのほとんどが、大企業ではなく、中小零細企業のどこにでもあるような町工場で誕生していますし、サラリーとか福利厚生についても満足できるものであったり、上り調子の会社だってあります。
新卒ではない者が職を探すのなら、アルバイト、派遣でいいから、まず最初に「職歴」を作り、あまり大きくない会社を目的にして就職のための面接を受けるのが、およその抜け穴といえます。
求職活動の最終段階の試練である面接の情報について説明いたします。面接による試験は、本人と募集をかけている会社の採用担当者との対面式での選考試験である。
元来会社というものは、中途の社員の養成のためにかける時間数や必要経費は、なるべく節約したいと考えているので、自力で役に立てることが希望されています。
言うまでもなく就職活動は、面接も出願した本人です。試験を受けるのも応募する本人に違いありません。しかし、気になったら、相談できる人の意見を聞いてみるのもオススメします。

実は、人材紹介会社や職業紹介会社は、原則は、就職していて転職希望の人を対象としたところなのである。よって会社での実務上の経験が少なくとも数年はないと利用できません。
会社選びの観点は2つあって、一つにはその会社のどこに興をひかれるのか、もう一つの面では、自分が仕事をする上で、どんなメリットを持ちたいと感じたのかという点です。
「就職氷河時代」と初めて銘打たれた際の世代で、新聞記事や一般のムードに主体性なく押し流されるままに「仕事があるだけで感謝するべきだ」などと、働く場所をあまり考えず決めてしまった。
間違いなくこんなふうにやりたいというはっきりしたものもないし、あれもこれも良さそうと悩んだ末に、ついには自分が何をしたいのか面接になっても、アピールできないのである。
苦難の極みを知っている人間は、仕事においてもへこたれない。その負けん気は、あなたの武器と言えるでしょう。将来的に仕事の際に、必ず役立つ時がきます。

このページの先頭へ