静岡県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

静岡県にお住まいですか?静岡県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



面接のときには、勿論転職の理由を詳しく聞かれます。「どのように考えて辞めたのか?」につきましては、どんな企業も特に気になる部分です。それもあって、転職した理由についてはまとめておくことが大前提となります。
就職面接において、緊張せずに終わらせるようにするには、いっぱいの実践が要求されます。それでも、そういった面接などの経験が不十分だと相当緊張しちゃうのです。
面接自体は、就職希望者がどのような人なのかを認識する場だと考えられますから、練習したとおりに話すことが必須なのではなく、精一杯売り込むことが大事だと考えます。
仮に成長企業であったとしても、確実に就職している間中大丈夫、そうじゃありません。ですからそこのところはしっかり情報収集が不可欠。
会社の決定に不服従だからすぐに転職。端的に言えば、こうした考慮方法を持つ人に臨んで、採用する場合には疑心を持っています。

仕事をやりつつ転職のための活動をする場合は、周囲の知人達に判断材料を求めることもやりにくいものです。いわゆる就職活動に鑑みると、話を持ちかけられる相手は随分少ない人数になってしまいます。
新卒でない人は、「どうにか入社できそうで、職務経験もつめそうな会社」なら、如何にしても入社するのです。小規模な会社でもいいのです。仕事の「経験」と「経歴」を蓄積できればよいでしょう。
本当に見知らぬ番号や通知なしで着信があったりすると、当惑する心持ちは共感できますが、そこを抑えて、最初に自分の名前を名乗るべきです。
企業によりけりで、商売内容や望んでいる仕事などもまちまちだと想定しますので、面接の時に訴えるべき内容は、会社により相違しているというのが必然です。
実際、就職活動の最中に、手に入れたい情報は、会社全体の方針あるいは業界のトレンドなど、採用されたらやる仕事の内容のことではなく、職場自体をジャッジしたいと考えての意味合いということだ。

普通最終面接の局面で問いかけられるのは、それまでの面接の機会に既に聞かれたようなことと重なってしまいますが、「志望した理由」が大変大半を占めるようです。
総合的にみて会社というものは、途中入社した人の教育のためにかかる年月や費用は、出来るだけ抑えたいと思っているため、自分の能力で能率を上げることが要求されているのでしょう。
面接選考に関しましては、内容のどこがいけなかったのか、ということを教えるやさしい会社は見られないので、自分自身で直すべきポイントを掴むのは、易しくはないでしょう。
今の仕事を換えるという覚悟はないのだけれど、どうにかして今よりも月々の収入を多くしたいような折には、とりあえず役立つ資格を取得するのもいい手法ではないでしょうか。
今の時点では、第一志望の会社ではないのでしょうが、求人を募っているこれとは別の企業と比べてみて、ほんのちょっとでも魅力的に思われる点は、どこにあるのかを考察してみましょう。


自分の主張したい事を、なかなか上手く相手に言うことができなくて、幾たびも恥ずかしい思いをしてきました。この先だけでもいわゆる自己診断に手間をかけるのは、今はもう出遅れてしまっているでしょうか。
いわゆる人気企業のうち、千人以上の応募者がいる企業では、選考にかけられる人員の限界もあるので、全てではないけれど出身校などで、よりわけることなどは度々あるのが事実。
就活で最後の難関である面接について簡単に解説します。面接試験というのは、志望者自身と人を募集している企業の採用担当者との対面式での選考試験であります。
では、勤務したいのはどんな会社かと聞かれても、答えがうまく出ないが、今の職場に対して感じている不満については、「自分に対する評価が正しくない」と思っている人がそこかしこにおります。
この後も、進歩しそうな業界に就職したいのなら、その業界が間違いなく飛躍が見込める業界なのか、急な拡大に適合した経営が営めるのかどうかを見通しておくことが必須条件でしょう。

「希望の会社に臨んで、わたし自身という人的資源を、いくら見事で華々しく見せられるか」という能力を努力しろ、ということが重要だ。
その会社が確実に正社員に登用できる企業なのかそうでないのか見極めてから、可能性をなおも感じ取れるなら、一先ずアルバイトやパート、派遣などからでも働いてみて、正社員を目指すことが正解だと思います。
「自分が養ってきた能力をこの事業ならば使うことができる(会社に尽力できる)」、それゆえに先方の企業を目指しているというようなことも、妥当な要因です。
選考試験の場面で、応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を採用しているところが増えているのだ。会社サイドは普通の面接だけでは引き出せない個性や性格などを知りたいのが目的です。
バイトや派遣として生育した「職歴」をぶらさげて、会社に面接を数多く受けに行ってみましょう。最終的には、就職も宿縁のエレメントがあるので、面接を豊富に受けてみるだけです。

自分を省みての自己分析をする場合の意識しなければならない点は、哲学的な表現をなるべく用いない事です。精神的なたわごとでは、採用担当の人を受け入れさせることはできないと知るべきです。
転職といった、一種の何回も切り札を出してきた経歴がある方は、何となく転職したというカウントも膨らみ続けるようです。従って、一つの会社の勤務が短いことが目立つようになります。
面接選考に関しましては、どういう部分が問題ありと見られたのか、ということを指導してくれるような好意的な会社は普通はないので、あなた自身で修正するところを見定めるのは、簡単ではありません。
面接といわれるものには「数値」とは違って絶対的な正解はありませんので、どの部分が良くてどの部分が悪かったのかという合否基準はそれぞれの会社で、同じ企業でも担当者の違いで変わるのが現実の姿です。
公表された数字では就職内定率が最も低い率らしいが、でもしっかりと内定通知を受け取っている人がいるわけです。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の大きな相違点はいったいなんだろうか。

このページの先頭へ