福岡県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

福岡県にお住まいですか?福岡県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


通常、企業は、働いている人間に利益の全体を返納してはいないのです。給与に値する真の労働(必要とされる仕事)は、よくても実施した労働の半分かそれ以下ということだ。
通常会社というものは、中途で雇用した人間の育成対応のかける期間や費用は、なるべく節約したいと構想しているので、自力で役立つことが要求されているのです。
実際に私自身をステップアップさせてキャリアを積みたいとか今よりもキャリア・アップできる場所で試したい、。そんな思いを伺うことがしょっちゅうあります。必要なスキルが身についていない、それに気づいて転職活動を始める人が非常に多い。
勤務したい企業はどんな企業?と聞かれたら、どうも答えがでてこないが、今の勤務先への不満については、「自分に対する評価が低い」と感じている人がずらっといます。
公共職業安定所などの場所の職業紹介をされた人が、その会社に入社できることになると、年齢等によるが、当の会社からハローワークに向けて仲介料が払われるという事だ。

大抵最終面接の状況で尋ねられることといったら、従前の個人面接で既に問われたことと同様になってしまいますが、「当社を志望した動機」がとても多い質問のようです。
今の仕事の同業者の人に「家族のコネを使ってSEだったけれど転職してきた。」という異色の経歴の人がいるのだが、その人に言わせるとSEの仕事のほうが比べられないくらい楽が出来たとのことです。
「自分自身が今に至るまで積み上げてきた腕前や特殊性を有効に使って、この仕事に役立ちたい」という風に自分と照らし合わせて、やっとこさ初めて担当者にも納得できる力をもって意欲が伝わります。
まさに未登録の番号や非通知設定されている番号から電話が鳴ったら、不安に思う心理は理解できますが、なんとか抑えて、先に自分の名前を名乗るものです。
ある日何の前触れもなく有名企業から「あなたを採用したいのです!」という可能性は、殆ど可能性はないでしょう。内定を数多く受けているような人は、その分たっぷりと不合格にもなっているものです。

一番大切なことは、勤務先をチョイスする時は、あくまでもあなたの欲望に正直になって選ぶことであり、どんな理由があっても「自分のほうを就職先に合わせなければ」などと馬鹿なことを考えてはダメである。
正直に言うと就職活動をしているときには、自己分析(自己理解)を実行した方が強みになると提案されてそのとおりにした。しかし、本音のところまったく役に立つことはありませんでした。
外資系の勤め先で希求される職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本において社会人として望まれる身のこなしや業務経験の基準を決定的に上回っています。
かろうじて就職の為の準備段階から面接の局面まで、長い段階を登って内定が取れるまでこぎつけたのに、内々定のその後の取り組みを間違えてしまったのでは帳消しです。
第一志望だった企業からじゃないからという理由で、内々定の意思確認で苦悩することはまったくありません。就職活動が全部終了してから、内々定の出た会社から選びましょう。


最新の就職内定率がいよいよ過去最悪とのことであるが、それなのに内定通知を受け取っている人がいるわけです。ならば採用される人とそうではない人の決定的な相違点は?
通常の日本の会社で体育会系出身の人がいいとされる理由は、敬語をきちんと使うことができるからです。体育会系といわれる部活では、先輩後輩という上下関係がきちんとしているため、無理をしていなくても習得されています。
元来会社というものは、中途で採用した社員の教育のためにかける時間やコストは、極力抑えたいと考えているので、自助努力で役立つことが求められているのです。
面接には、たくさんのケースが存在するので、今から個人面接や集団面接、合わせてグループ討議などを掘り下げて教示していますから、ご覧くださいね。
面接すれば、どうしても転職理由について尋ねられることになります。「どのように考えて辞めたのか?」につきましては、どんな企業も最も重要視するポイントです。それがあるので、転職理由を準備しておくことが求められます。

いくつも就職選考に向き合っている中で、非常に残念だけれども不採用とされてしまうことばかりで、せっかくのモチベーションが日増しにどんどん無くなってしまうということは、どんなに順調な人でも起こることなのです。
面接とされるものには「数学」とは違って間違いの無い答えがありませんから、どこがどのように良かったのかという「ものさし」は応募先によって、場合によっては面接官次第でかなり変化するのが現況です。
非常に重要な点として、再就職先を決めるときは、是非ともあなたの欲望に正直に選ぶことである。何があっても「自分を会社に合わせよう」なんてふうに思ってはならないと言えます。
現行で、さかんに就職活動をしている当の企業が、元からの希望している会社ではなかったために、希望している動機が言えない、または書けないという悩みの相談が、今の頃合いにはとても多いと言えます。
第二新卒というのは、「新卒で就職したけれど短期間で離職した若年者(一般的には25歳程度まで)」を指す言葉。現在では数年で離職してしまう若年者が増加しているため、このような新しい表現が誕生したと想像がつきます。

就職したまま転職活動するような際は、周囲の人に相談にのってもらう事も微妙なものです。普通の就職活動に突き合わせてみると、話を持ちかけられる相手はある程度限定的なものでしょう。
そこにいる面接官が自分の今の伝えたい言葉を理解できているのかそうではないのかを見渡しながら、しっかりとした「トーク」が通常通りできるようになれば、採用の可能性も見えてくるのではないでしょうか。
まずはそこが果たして正社員に登用してもらえるチャンスがある会社かどうか見定めたうえで、可能性があると感じ取れるなら、とっかかりはアルバイトもしくは派遣などとして働く。そして正社員を目指すのもいい方法だ。
注意!人材紹介会社など民間のサービスは企業としてははじめての就職ではなくて転職を希望している人をターゲットにしたところだから、就職して実務の経験が悪くても数年程度はないと対応してくれないのです。
では、勤めてみたいのはどのような企業なのかと確認されたら、うまく答えられないけれども、現在の職場への不満を聞いてみると、「自分に対する評価が正当ではない」と思っている人が多数存在します。


勤めてみたいのはどのような会社なのかと確認されたら、答えがでてこないが、今の勤め先に対する不満を聞いてみると、「自分に対する評価が正当ではない」という人がとてもたくさん存在します。
「文房具を持参のこと」と記述されているのなら、記述試験の確率が高いし、「懇談会」などと記述があるなら、小集団に分かれての討論が取り行われるかもしれません。
内々定と言われているものは、新規卒業者(予定者)に係る採用選考の企業や団体の倫理憲章に、正式に内定するのは、10月1日以降にするべしと定義されているので、それまでは内々定というかたちにしているのです。
転職を計画するときには、「今の会社なんかよりだいぶ給料が高いところがあるだろう」なんて、ほとんどどんな方でも想定することがあると思います。
仕事をやりつつ転職活動を行うケースでは、身近な人間に話を聞いてもらう事自体もやりにくいものです。普通の就職活動に比較すると、助言を求められる相手はなかなか限定された範囲になってしまいます。

【応募の前に】成長分野には、魅力的なビジネスチャンスに遭遇することがあるから、新規事業参入のチャンスもあれば、子会社を設立したり、大事な事業やチームを担当できる可能性が高くなるのである。
気持ちよく仕事をしてほしい、多少なりとも手厚い対応を許可してあげたい、優秀な可能性を発展させてあげたい、レベルアップさせてあげたいと企業の方でも思っているのです。
代表的なハローワークの斡旋を受けた際に、そこに就職が決まると、色々な条件によって、該当の会社から公共職業安定所に対して職業紹介料が払われるのだという。
「自分が養ってきた能力をこの職場でならば駆使できる(会社のために寄与できる)」、ですから先方の会社を希望するという場合も、有望な大事な意気込みです。
収入そのものや処遇などが、大変好ましくても、働いている状況自体が悪化してしまったら、またしても他の会社に転職したくなりかねません。

面接という場面は、応募しに来た人がいかなる性格の人なのかを把握するための場所ですから、きれいな言葉を表現することが求められているのではなく、気持ちを込めて表現することが重要事項だと断定できます。
大人になっても、失礼のない正しい敬語を話すことができる人はそれほどいません。一般的に、社会人であれば恥で終わるところが、面接時に間違えると決定的(面接として不合格)に働いてしまうことが多いのです。
ある日唐突に知らない企業から「あなたを採用します!」という話は、まずありえないでしょう。内定を多数貰っている場合は、それだけいっぱい悲しい目にもされているものなのです。
仕事上のことを話す場合に、抽象的に「一体どんなことを考えているか」だけでなく、その他に具体的な小話をはさんで告げるようにしてみたらいいと思います。
話を聞いている面接官があなた自身の言いたいことを掴めているのか否かを見つめながら、的を射た「トーク」ができるくらいになれば、チャンスが広がってくるのではないかな。

このページの先頭へ