福岡県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

福岡県にお住まいですか?福岡県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


評判になった「超氷河期」と最初に呼びならわされた時期の世代で、マスコミが報道する話題や世間の風潮にどっぷり浸かる内に「仕事があるだけで感謝するべきだ」などと、働くところをあまり考えず決めてしまった。
往々にして面接の際のアドバイスに、「心から自分の言葉で話すように。」という事を認めます。それなのに、誰かの書いたものではなく、自分の言葉で会話することの含みが飲み込めないのです。
外資で仕事に就いている人は、さほど珍しくない。外資系の会社と言うと、今までは中途採用のすぐに力を発揮できる人を採用する印象を持ったが、この頃では、新卒の就業に好意的な外資系も目を引くようになっている。
電話応対だとしても、一つの面接だと意識して取り組みましょう。反対に見れば、企業との電話応対であったり電話内容のマナーが良い印象として受け取られれば、それに伴って評価が高くなるに違いない。
内々定と言われているのは、新卒者に行う採用選考における企業の作った倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは、10月1日以降としなさいと定義されているので、とりあえず内々定というかたちをとっているのです。

自分を省みての自己分析を試みる場合の気をつけなければならない点としては、哲学的な表現を使わない事です。精神的な言いようでは、人事部の人間を説得することはとても難しいことでしょう。
会社ごとに、仕事の実情や自分の志望する仕事も違っていると想像できますが、面接の機会にアピールする内容は、その企業によって異なるのがもっともです。
外国籍の会社のオフィス環境で追及される職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本人サラリーマンの場合に要求される所作や業務経験の基準を著しく超過しています。
実際は退職金があっても、本人からの申し出による退職だとしたら会社の退職金規程にもよるけれども、会社都合の場合ほどは受け取れませんので、先に再就職先が確保できてから退職するべきなのだ。
ある日脈絡なく人気の会社から「あなたを採用します!」などということは、荒唐無稽でしょう。内定を多く受けている人は、それと同じくらい悲しい目にもなっているのです。

必ずやこういう仕事がやりたいという明らかな展望もないし、あの仕事もこの仕事も良さそうと思い悩むあまり、最後になって何がやりたいのか面接で担当者に、伝えることができないようになってはいけない。
さしあたり外資系で働いていた人の多数派は、変わらず外資の履歴を続投する雰囲気があります。つまるところ外資から日本企業に就職する人は、珍しいということです。
面接の際は、就職希望者がどのような人なのかを確認することが目的なので、練習したとおりに話すことが絶対条件ではなく、一生懸命に語ることが大切だと思います。
企業の人事担当者は、求職者の持つ力量などについて試験や面接で読み取って、「会社に有用で、役に立ちそうな人か?」真っ向から突きとめようとしている。そのように認識しています。
会社ガイダンスから携わって、筆記による試験、面接試験と段階を踏んでいきますが、その他希望する企業でのインターンシップや同じ学校のOBを訪問したり、リクルーターとの面接などの接近方法もあります。


つまり就職活動をしている人が、気になっているのは、応募先の風土とか社内のムードなど、採用されたらやる仕事の内容じゃなくて、応募する企業全体をわかりたいがための内容だ。
社会人であっても、状況に応じた敬語などを使えている人はむしろ少ないのです。ほとんどの場合、就職していればただの恥と言われるだけなのが、面接の現場では致命的な悪印象をもたれるように作用してしまいます。
外資で就業している人は、今ではもう珍しくない。外資系の会社に就職するというと、これまでは中途採用の即戦力となる人を採用する印象でしたが、今時は、新卒の学生を採用することに積極的な外資系会社も目に留まるようになってきている。
正しく言うと退職金と言っても、本人からの申し出による退職であれば会社によって違うけれど、一般的に全額は支給されません。だから先に転職先がはっきりしてから退職してください。
原則的に、人材紹介会社や職業紹介会社は、本来は社会人で転職希望の人が使う企業やサービスだから、会社での実務上の経験が短くても2~3年くらいはなければ請け負ってくれません。

本当のところ就職活動をしていて、こちらの方から応募希望の職場に電話をかける機会はわずかで、会社がかけてくれた電話を取ることの方が多くあるのです。
それぞれの企業によって、商売内容や自分の志望する仕事もいろいろだと想像できますが、あなたが面接で強調する内容は、それぞれの会社によって異なるというのが必然的なのです。
バイトや派遣として形成した「職歴」をぶらさげて、多くの企業に面接を山ほど受けに行くべきです。とどのつまり、就職もタイミングのエレメントがあるので、面接を山ほど受けることです。
「私が今に至るまで育ててきた固有の技能や特質を武器にして、この仕事に就きたい」という風に自分と突き合わせて、どうにか面接担当官に説得力を持って意欲が伝わります。
「自分の能力をこの企業でなら活用できる(会社に功労できる)」、そういった理由で貴社を志しているといった動機も、一種の願望です。

辛い状況に陥っても一番大切なのは、自らを信じる心です。間違いなく内定を貰えると信頼して、あなたらしい一生を力いっぱい進みましょう。
必要不可欠なことは、再就職先を決定する時は、何しろ自分の欲望に正直になって選ぶことであり、何があっても「自分のほうを就職先に合わせよう」などと馬鹿なことを思ってはうまくいかないのです。
面接選考に関しましては、いったいどこが問題ありと見られたのか、ということを教える懇切な会社は見られないので、あなた自身で改善するべき点を見極めるのは、かなり難しいと思う。
いわゆる就職面接で完全に緊張しないためには、よっぽどの経験が欠かせません。ですが、リアルの面接試験の場数を十分に踏んでいないときには多くの場合は緊張するのだ。
近い将来も、拡大しそうな業界に勤めたいのなら、その業界が間違いなく成長業界なのかどうか、急激な展開にフィットした経営が成立するのかどうかを明らかにしておくことが必要な条件でしょう。


このページの先頭へ