滋賀県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

滋賀県にお住まいですか?滋賀県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


今日お集まりの皆さんの親しい人には「自分の希望が一目瞭然の」人はおられますか?そういった人程、企業の立場から見ると価値が簡明な人といえます。
いわゆる職安では、色々な雇用や経営管理に関する社会制度などの情報があり、近頃は、いよいよ求職情報の取り回しもレベルアップしてきたように感じられます。
面接の際気を付けていただきたいのは、自身の印象。わずか数十分くらいの面接なんかでは、あなたの本質はわからない。だから、合否は面接を行ったときのあなたの印象が決めているとも言えるのです。
会社ガイダンスから参加して、筆記テストや何回もの面接と進行していきますが、または就業体験や卒業生を訪問したり、リクルーターとの懇談等の作戦もあります。
自分自身が主張したい事について、思った通りに相手に言うことができなくて、今までに沢山忸怩たる思いをしてきました。これからでも自己判断ということに時間を要するのは、やっぱり遅いといえるでしょうか。

売り言葉につい買い言葉となって、「こんな会社いつでもやめてやる!」などといったふうに、勢いだけで退職することになるケースもあるが、こんなに世の中が不景気のときに、ヒステリックな退職は恐ろしい結果を招きます。
実際に、わが国の優れた技術のほぼすべてが、大企業ではなく、中小企業のありふれた町工場で生まれているのだ。賃金および福利厚生についても満足できるものであったり、上昇中の企業もあると聞いています。
結局、就職活動の際に、手に入れたい情報は、会社全体の方針や自分のやりたい仕事かどうかなど、詳しい仕事内容よりも、職場全体をジャッジしたいと考えてのものということだ。
いわゆる自己分析をするような時の気をつけなければならない点としては、抽象的な表現をできるだけ使わないことです。言いたい事が具体的に伝わらない言い方では、たくさんの応募者の選択をしている人事担当者を納得させることはできないのです。
「自分の特性を貴社なら使うことができる(会社に功労できる)」、そのような理由で貴社を希望しているというような動機も、有望な大事な理由です。

「裏表なく内心を言ってしまうと、転職を決定した最大の要素は給料にあります。」こういったケースも耳に入ります。ある外資のIT会社の営業を担当していた30代男性社員の実話です。
その会社が確実に正社員に登用してもらえるチャンスがある会社なのか否か把握した後、登用の可能性を感じたら、とりあえずアルバイトやパート、派遣として働きつつ、正社員になることを目論むのもいいでしょう。
現在よりもいわゆる給料や処遇などがよい就職口が求人しているとしたら、あなたも別の場所に転職したいと望んでいるのであれば、思い切ってみることも大切なものです。
会社を経験するうちに、少しずつ見解も広がるため、基本的な考えが不確かになってしまうという例は、幾たびも数多くの方が感じることでしょう。
電話応対だって、面接であると意識して取り組みましょう。勿論採用担当者との電話の応対であったり電話のマナーが好印象であれば、同時に評価が高くなるのです。



今の会社を離れるという覚悟はないけど、どうにか月収を多くしたいという折には、とにかく資格取得というのも一つの戦法と言えそうです。
世間一般では最終面接のステップで質問されるのは、それまでの面談で既に聞かれたようなことと二重になってしまいますが、「志望した要因」というのが筆頭で大半を占めるようです。
第一希望の企業からの連絡でないと、内々定の意思確認で苦悩することはまったくありません。すべての活動を終えてから、上手く内々定となった応募先企業の中からじっくりと選ぶといいのです。
面接のときには、絶対に転職の理由を詳しく聞かれます。「なぜ退職したのか?」につきましては、どの会社も特に興味のある内容です。ということから、転職理由を整理しておくことが欠かせません。
会社ガイダンスから携わって、適性検査などの筆記試験、就職面接と勝ち進んでいきますが、別経路として就業体験や同じ学校の卒業生の話を聞いたり、リクルーター面接といった切り口もあります。

基本的には就職活動のときに、エントリー側から応募希望の勤め先に電話するということはあまりなくて、相手の企業がかけてくれた電話を取ることの方が頻繁。
企業によって、業務内容や望む仕事自体も相違すると思いますので、就職の際の面接で強調する内容は、様々な会社によって異なっているのが言うまでもありません。
ちょくちょく面接の際の助言で、「自分の言葉で話してごらん。」という事を見かけることがあります。そうはいっても、自らの言葉で話を紡ぐことの意味内容が飲み込めないのです。
かろうじて就職の準備段階から面接の場まで、長い道を歩んで内定が決まるまで到ったといっても、内々定の後日の取り組みを誤認してしまってはぶち壊しです。
「好んで選んだことならばどれほど過酷でも堪えることができる」とか、「自分自身を成長させるなら好き好んで過重な仕事を選別する」という事例、頻繁に耳に入ります。

「自分が今来育んできたこれまでの能力や特性を有効に使って、この仕事に就きたい」という風に自分と繋ぎ合わせて、なんとか面接相手にも信じさせる力をもって意欲が伝わるのです。
意外なものとして大学卒業のときに、新卒から速攻で外資を目論むという方もいますが、当然のことながら大概は、まずは日本国内の企業で勤めて経験を積んでから、30歳くらいで外資系企業に転職というパターンなのです。
ある日突如として大手の企業から「あなたを採用します!」というようなことは、殆ど可能性はないでしょう。内定を多数貰うタイプの人は、それだけ多数回試験に落第にもなっているものなのです。
気になる退職金であっても、本人からの申し出による退職だとしたら会社にもよるけれども、それほど多くの額は支給されませんので、退職するまでに転職先が決まってから退職するべきなのです。
内々定というのは、新卒者に関する採用選考等に関する企業同士の倫理憲章に、正式に内定する日は、10月1日以降であると約束されているので、やむを得ず内々定という形式にしているのである。

このページの先頭へ