東京都にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

東京都にお住まいですか?東京都にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


就職活動にとって最終段階の難関である面接試験のノウハウ等についてわかりやすく解説しましょう。面接試験⇒応募した本人と会社の人事担当者との対面式の選考試験である。
しばらくの間就職のための活動を休んでしまうことには、マイナスがあることを知っておこう。それは、今日は募集中の企業もほかの人に決まってしまう可能性も十分あるということなのです。
自分自身の内省をするような場合の気をつけなければならない点としては、高踏的すぎる表現を使用しないようにすることです。漠然とした表現では、多くの応募者を選んでいる人事担当者を認めてもらうことは難しいのです。
仮に事務とは無関係な運送といった業種の面接試験を受ける場合、難関の簿記の1級の資格所持者であることをアピールしても一切評価されないけれど、逆に事務職の試験のときは、即戦力がある人材として評価してもらえる。
結論から言うと、職業安定所といった所の就職斡旋で入社を決めるのと、よくある人材紹介会社で就職する機会と、2か所をバランスを見ながら進めるのがよい案ではないかと考えている。

通常最終面接の段階で質問されるのは、それまでの面接で既に問いかけられたことと同じになってしまいますが、「志望した要因」というのが筆頭で多いようです。
有名な企業といわれる企業等であって数千人以上の応募者がいるところでは、人員上の限界もあったりして、選考の最初に卒業した学校で、ふるいにかけることは本当にあるようである。
通常、就職活動は、面接試験を受けるのも志願する本人ですし、試験の受験だって自分自身です。しかしながら、行き詰った時には、相談できる人や機関に尋ねてみるのもいいだろう。
今の仕事の同業者の人に「家族のコネを使ってSEを退職して転職してきたのである。」という異色の経歴の人がいまして、その男によればSEだった頃のほうが百倍も楽だとのこと。
私も就職活動を始めたばかりの時期は、「採用されるぞ」と思っていたにもかかわらず、続けざまに不採用が続いて、いまじゃもう企業の説明会に行く事でさえ「恐い」と感じているのが本音です。

外資系企業で働く人は、少なくはない。外資に就職するというと、今までは中途採用の即戦力となる人を採用する雰囲気を感じたが、今時は、新卒の就業に積極的な外資系企業も顕著になってきている。
いわゆる会社説明会とは、会社側が開く就職ガイダンスのことで、別名セミナーともいいます。その企業を希望している学生や求職者を募集して、企業の展望や募集要項といった事柄を説くというのが代表的です。
仕事上のことを話す間、観念的に「どういったような事を感じたのか」という事のみではなく、重ねて具体例を取りこんで申し述べるようにしてみてはいかがでしょう。
一度でも外国籍の会社で労働していた人の大かたは、そのまま外資の経歴を続投する雰囲気があります。結果として外資から日本企業に戻ってくる人は、稀有だということです。
面接と呼ばれるものには「計算」とは違って完全な正解がありませんので、どこがどのように良かったのかなどといった合否の基準は応募先ごとに違い、同じ企業でも面接官次第で異なるのが本当のところなのです。


人材紹介・仲介とか派遣会社なんかは、入社した人が突然離職等の失敗があると、労使ともに評判が悪くなるから、企業の長所も短所もどっちも正直に知ることができる。
ここ最近就職活動や転業目指して活動しているような、20~30才の世代の親だったら、堅い職業である公務員や人気ある一流企業に入社することこそが、最良だと考えるものなのです。
実際には就職試験の受験のための出題傾向を問題集やインターネットなどを使って情報収集して、万全な対策をしっかりとたてておくことが肝心。ここからの文章は多様な就職試験の概要や試験対策について詳しく紹介しています。
売り言葉につい買い言葉を発して、「こんなところ誰が来るか!」などといったふうに、非理性的に退職を決めてしまう人がいるのだが、こんなに景気の悪いときに、感情的な退職は馬鹿がすることです。
いわゆる会社説明会とは、企業の側が催す仕事の説明会のことで、セミナーとも称されるものです。希望する生徒達や転職の希望者を招集して、会社の概略や募集要項などのあらましをブリーフィングするというのが普通です。

外資系企業で働く人は、もう少なくはない。外資系の会社と言ったら、もともとは中途採用の即戦力となる人材を採用する印象を持ったが、近年では、新卒学生を採ることに前向きな外資系企業も顕著になってきている。
いわゆる会社は働く人に対して、どれだけの程度の有利な条件で勤めてくれるのかと、早期の内に会社の具体的な収益アップに連動する能力を、奮ってくれるのかだけを熱望しています。
新卒でない人は、「入社の希望があって、職務経験も見込める会社」なら、まずは契約しましょう。零細企業だろうと問題ありません。職務経験と職歴を手に入れられれば結果オーライなのです。
外国企業のオフィス環境で要求される仕事上のマナーやスキルは、日本人ビジネスマンとして必須とされる動き方やビジネス履歴の水準を大変に超越していることが多い。
実際、就職活動は、面接されるのも本人ですし、試験に挑むのも応募するあなたです。だけど、たまには、ほかの人の意見を聞いてみるのもいいだろう。

代表的なハローワークの求人紹介をしてもらった人が、該当企業に勤務が決まると、年齢などの要因によって、該当の会社からハローワークに向けて紹介したことによる手数料が振り込まれるとのことだ。
実際は退職金と言っても、自己都合による退職であれば会社にもよるのだが、それほど多くの額は支給されません。だからとにかく転職先を確保してから退職するべきなのだ。
第二新卒は、「新卒者として一度は就職したけれど数年で退職した若年の求職者」を指し示します。今日びは早期に離職してしまう新卒者が急激に増加していることから、このような新しい名称が誕生したと聞きました。
時折大学を卒業とあわせて、俗にいう外資系の企業への就職を目指すという方もいますが、実績として大多数は、日本企業で勤めてから、30歳くらいで外資系企業に転身という事例が多発しています。
就職面接の状況で緊張せずに終わらせるということを実現するには、いっぱいの経験が不可欠なのです。ところが、本物の面接の場数をそれほど踏んでいないときには誰でも緊張します。


人材・職業紹介サービスの会社や派遣会社では、応募した人が急に離職等の失敗があると、企業からも応募者からも評判が悪くなる。だから企業のメリット及びデメリットをどちらも正直に知ることができる。
是非ともこの仕事がしたいという明確なものもないし、あの仕事もこの仕事も良さそうと思い悩んだ末に、大事な時に自分が何をしたいのか面接の際に、伝えることができない人が多い。
実質的には、日本の誇れるテクノロジーの大部分が、中小零細企業の小さな町工場で創造されていますし、サラリーや福利厚生の面についてもしっかりしているなど、成長中の会社も存在しているのです。
当座は、第一希望の企業ではないと言われるかもしれませんが、いま求人中のそこ以外の企業と突き合わせてみて、ほんの少しでも価値のある点は、どの辺なのかを考慮してみてください。
全体的に、いわゆる職安の仲介で就業するのと、一般的な人材紹介会社で入社する場合と、共に兼ね合いをみながら進めるのが適切かと感じるのです。

困難な状況に陥っても最優先なのは、自らを信じる決意です。必然的に内定を勝ち取れることだけを信念を持って、自分らしい人生をダイナミックに進むべきです。
多様なワケがあり、違う職場への転職を心の中で望んでいるケースが多くなっています。だがしかし、転職すると決めたはいいけれど、別なところに転職してからの人生に今までとは大きな差が出るケースもいくらでもあるのが本当のところです。
もしも実際に働いた経験を十分に積んでいるのであれば、人材紹介会社等も利用価値はとてもあるのです。なぜなら人材紹介会社を使ってまで社員を募集している職場は、まず間違いなく経験豊富な人材を求めているのである。
正直に申し上げて就職活動をしているときには、必ずや自己分析(キャリアの棚卸)を実施しておくといいでしょうと教えてもらいそのとおりにした。正直に言って聞いた話とは違ってまったく役に立たなかったのである。
一般的に自己分析が必需品だという人の所存は、自分に釣り合う職場というものを求めて、自分自身のメリット、心惹かれること、売り物を認識することだ。

企業と言うものは、個人の関係よりも組織全体の計画を大切にするため、ちょくちょく、不合理的な人事異動がよくあります。無論当事者にしてみたら不平があるでしょう。
バリバリと仕事をやりながら転職活動するような際は、周りの友人たちに話を聞いてもらう事自体もなかなか困難です。普通の就職活動に比較してみれば、話せる相手はある程度限定された範囲の人だけでしょう。
「自分の特性をこの事業ならば役立てることができる(会社のために寄与できる)」、そこでその事業を希望するというようなことも、ある種の重要な理由です。
「隠し事なく胸中を話せば、転職を決意した最大の動機は収入のためです。」こんな例もあるのです。ある外資系産業の営業職をしていた30代男性のケースです。
ここのところ就業のための活動や転職目指して活動しているような、20代、30代といった世代の親の立場で言うと、堅い職業である公務員や一流企業に入社できるならば、上出来だといえるのです。

このページの先頭へ