東京都にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

東京都にお住まいですか?東京都にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


人材紹介会社においては、企業に紹介した人が長く続かず離職してしまうなどの失敗によって、自社の人気が下がりますから、企業のメリットもデメリットも隠さずに伝えているのである。
新規採用以外なら、「なんとか入れそうで、仕事の経験も蓄えられそうな会社」なら、まずは入社したいものです。零細企業だろうとなんだろうと気にしないでいいのです。仕事で培われた経験と職歴を得られればよいでしょう。
就職面接試験の場で緊張せずにうまく答えるためには、たくさんの経験がどうしても不可欠なのです。そうはいっても、本当に面接試験の場数をまだ踏んでいないときにはほとんどの人は緊張するものだ。
おしなべて企業というものは社員に向かって、どんなに有利な雇用条件で雇われてくれるかと、早いうちに会社の直接的な利益に関連する力を、奮ってくれるのかだけを思惑しているのです。
実は、人材紹介会社(職業紹介会社)というのは成り立ちとしては社会人で転職を望んでいる人を対象としたところである。なので実績となる実務経験がどんな仕事の場合でも数年以上はないとサービスの対象としては見てもくれません。

自分について、よく相手に言うことができなくて、いっぱい悔いてきました。今からいわゆる自己分析に時間を要するのは、今はもう間に合わないものなのでしょうか。
ただ今、就職活動をしている会社そのものが、熱心に第一希望の企業でないために、志望理由自体が見つけられないという葛藤を持つ人が、この頃は増えてきました。
自分自身の内省が重要だという人のものの見方は、自分に適した職場というものを思索しつつ、自分自身のメリット、やりたいこと、セールスポイントを自分で理解することだ。
本質的に会社そのものは、中途で雇用した社員の育成向けのかける期間や費用は、極力抑えたいと構想しているので、自助努力で結果を示すことが要求されています。
はっきり言って就職活動をし始めたころ、「仕事探しをがんばるぞ!」とがんばっていたのだが、ずっと試験に落ちて、いまじゃもう面接会などに出席することすらできないほどの恐怖を感じている自分がいます。

たまに大学卒業と同時に、外資系への就職を目指すという方もいますが、やっぱり現実的には大多数は、とりあえず日本企業で勤務して経験を積んでから、早くても30歳前後で外資に転職という事例が圧倒的である。
どんなに成長企業だからといって、必ずこれから先も大丈夫、もちろん、そんなことはない。だから就職の際にそういう要素についても真剣に確認するべきだろう。
その担当者があなたの話をわかってくれているのかいないのかを確かめながら、ちゃんと「トーク」が通常通りできるようになれば、採用されるようになるのではありませんか。
内々定と言われているのは、新卒者に対する採用選考での企業間の倫理憲章(取り決め)に、正式な内定日は、どんなに早くても、10月1日以降でなければならないという規定があるため、それまでは内々定という形式にしているのです。
「率直に赤裸々な気持ちを話せば、転職を決意した要因は収入のためです。」こんな場合もあったのです。とある外資系企業のセールスを仕事にしていた30代男性社員のエピソードです。



就職の選考試験の場面で、応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を採用しているところは多いのである。この方法で面接では見られない特性などを観察するのが目指すところなのです。
どうあってもこんなことがやりたいというコレと言ったものもないし、あんなのもこんなのもと悩んだ末に、とうとういったい何がしたいのか企業に、整理できず伝えられないのだ。
面接の際、100%転職理由について質問されます。「どのように考えて退職したのか?」ということについては、どんな企業の担当者も最も重要視するポイントです。従って、転職した理由をきちんと整理しておくことが欠かせません。
「自分が好きな事ならいくら辛くても耐え忍ぶことができる」とか、「自己を成長させるために危険を冒して困難な仕事を見つくろう」といった場合は、よくあるものです。
面接試験といっても、数多くの手法があるから、このサイトでは個人面接と集団面接、加えて最近増えているグループ討論などに注目して案内しているので、手本にしてください。

結果としては、いわゆる職安の就職紹介で入社を決めるのと、普通の人材紹介会社で仕事就くのと、二つを並行していくことがよいと思っています。
いまの時点で就職活動や転業の為の活動をしているような、20代、30代の年齢層の親にしてみれば、地道な公務員や有名な大手企業に入社する事が叶うならば、最も好ましいということなのです。
仕事上のことを話す場合に、曖昧模糊とした感じで「どういった風に感じたのか」という事のみではなく、その他に具体的なエピソードを加えて相手に伝えるようにしたらよいと思われます。
企業は、1人ずつの都合よりも組織全体の計画を重要とするため、ちょくちょく、気に入らない人事異動がよくあります。もちろん本人にしてみればいらだちが募ることでしょう。
有名な企業と認められる企業の中でも、数千人もの志願者がある企業では、選考にかけられる人員の限界もあるので、まず最初に大学だけで、断ることはどうしてもあるのです。

大切なことは、就労先を選定する時は、100%自分の欲望に正直になってセレクトすることであって、あせったからといって「自分のほうを応募先に合わせなければ」なんてふうに思っては失敗するでしょう。
いわゆる自己分析を試みるような場合の注意すべき点は、実際的でない表現をなるべく使用しないことです。具体的でない言葉づかいでは、多くの応募者を選んでいる人事担当者を納得させることはできないのです。
通常、就職活動は、面接試験を受けるのも求職者であるあなたです。また試験に挑むのも応募者本人です。しかしながら、たまには、他人に尋ねてみるのもいいことなのである。
通常、会社とは、全ての雇用者に利益全体を返してはいません。給与に対し実際の労働(必要な仕事量)は、やっと実際の労働の半分か、それより少ない位でしょう。
近い将来も、拡大が続きそうな業界に就職するためには、その業界が本気で発展している業界なのか、急激な発展に適応した経営が行えるのかどうかを把握することが必要な条件でしょう。

このページの先頭へ