東京都にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

東京都にお住まいですか?東京都にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


なるべく早く、中堅社員を入れたいという企業は、内定が決定してから返答を待っている日にちを、一週間程度に期限を切っているのが全体的に多いです。
何かにつけ面接のアドバイスとして、「自分の言葉で話してごらん。」といった言葉を認めることがあります。しかしながら、自分自身の言葉で話すことができるという含みが推察できません。
就職したい会社を選ぶ観点は2つで、方やその企業のどのような所に興味があるのか、もう片方は、あなたがどんな業務に就いて、どういったやりがいを享受したいと感じたのかという点です。
社会にでた大人とはいえ、きちんとした丁寧語、謙譲語、敬語などを使うことができるかというとそうではありません。逆に、このような状況でも恥ですむところが、面接の場面で間違った敬語を使うと致命的な悪印象をもたれるような場合が多い。
新卒ではなくて就職を目指すなら、バイトや派遣でもいいので「経歴」を積み上げて、さほど大きくない企業を目指して採用のための面接を希望するというのが、全体的な逃げ道です。

いまの時点で熱心に就職や転職活動をするような、20代から30代の年齢層の親にしてみれば、堅い仕事の公務員や人気ある一流企業に就職できるならば、最も良い結果だといえるのです。
今日お集まりの皆さんの周辺の人には「自分の得意なことがわかりやすい」人はいるのではないでしょうか。そんな人こそ、会社からすればプラス面が簡潔な人と言えるでしょう。
外資系企業で仕事に就いている人は、けっこう多い。外資系企業と言えば、以前は転職者のすぐに戦力となる人材を採用するような印象を受けたが、今時は、新卒社員の採用に前向きな外資系会社も目に留まるようになってきている。
関わりたくないというといった姿勢ではなく、どうにかして自分を受け入れて、ひいては内定まで勝ち取った会社に臨んで、誠実な対応姿勢を肝に銘じましょう。
あり得ないことかもしれませんが運送の仕事などの面接試験の場合、難関の簿記の1級の資格があることをアピールしてもほとんど評価されないのだが、逆に事務職の試験のときならば、高い能力の持ち主として評価される。

是非ともこの仕事がしたいという具体的なものもないし、あれかなこれかなと迷ったあまり、結局はいったい何がしたいのか面接できちんと、整理できず伝えられないのである。
希望の職種や理想の自分を目指しての仕事変えもあれば、勤務場所のトラブルや引越しなどの外的な理由によって、会社を辞めなければならないケースもあるでしょう。
最初の会社説明会から携わって、一般常識などの筆記試験や度々の面接や勝ち進んでいきますが、これ以外にも希望する企業でのインターンシップや卒業生を頼んで訪問したり、リクルーターとの面談等による対応方法もあります。
総じて、公共職業安定所の職業紹介で就職する場合と、よく見かける人材紹介会社で就業するのと、共に並走していくのが良い方法ではないかと思われます。
就職試験の際に、応募者をグループにしてグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)をやっているところが増加中。会社サイドは面接ではわからない特性などを見ておきたいというのが目当てなのです。


内々定については、新規卒業者(予定者)に対する選考等に関わる企業と企業の倫理憲章に、正式に内定する日は、いくら早くても、10月1日以降にするべしと定めているので、まずは内々定というかたちにしているのである。
会社の決定に従いたくないのですぐに辞表を出してしまう。ひとことで言えば、こういった思考の持つ人に向き合って、採用の担当は猜疑心を感じています。
現段階では、第一希望の企業ではないと思うかもしれませんが、要求人のそこ以外の企業と比較して、少しだけであっても長所だと感じる部分は、どの辺なのかを考察してみましょう。
勤務したいのはどのような会社なのかと聞かれても、どうも答えに詰まってしまうものの、現在の勤務先での不満を聞いてみると、「自分に対する評価が間違っている」と感じていた人がわんさと存在していると言えます。
給料そのものや処遇などが、どれだけ良いとしても、仕事をしている環境自体が悪質になってしまったら、更によその会社に行きたくなる確率が高いでしょう。

即時に、職務経験のある人材を入社させたいと計画中の企業は、内定の連絡をした後の相手の返事までの日にちを、一週間程度に制約を設けているのが多いものです。
ようするに退職金は、言うなれば自己都合による退職であれば会社の退職金規程にもよるけれども、当然解雇されたときほどの額は支給されません。だから何はともあれ再就職先から返事をもらってから退職するべきだ。
人材紹介サービスといった人を企業に送り込む会社では、応募した人が早く会社を辞めるなど失敗してしまうと、評価が下がる。だから企業の長所も短所も隠さずに伝えているのである。
新卒者でないなら、「採用OKが出そうで、仕事の経験もつめそうな会社」なら、とりあえず就社しましょう。小規模な会社でも構わないのです。仕事で培われた経験と職歴を得ることができればよいでしょう。
もう関心ないからというという立場ではなく、なんとかあなたを目に留めて、内定の通知までしてくれた会社に対して、実直な姿勢を心に刻みましょう。

会社ごとに、仕事の実情や自分が望んでいる仕事もまちまちだと考えていますので、面接の際に売り込みたいことは、それぞれの会社によって異なるというのが必然的なのです。
最悪の状況を知っている人間は、仕事の際にもしぶとい。その負けん気は、あなた達の誇れる点です。先々の仕事の場合に、確実に効果を発揮する時がくるでしょう。
別の会社に就職しながら転職活動を行う際は、周辺の友人に相談すること自体が難題です。離職しての就職活動に照合してみると、話を持ちかけられる相手はとても範囲が狭くなる事でしょう。
自分自身の内省を試みる場合の意識しなければならない点は、具体性のない表現を出来る限り用いない事です。言いたい事が具体的に伝わらない言い方では、リクルーターを分からせ;ることはできないのです。
その会社が確実に正社員に登用のチャンスがある会社なのか否か見定めたうえで、可能性を感じたら、まずはアルバイト、または派遣などとして働く。そして正社員を狙うということでもいいのではないでしょうか。


通常、会社とは、あなたに利益の全体を返してはいません。給与当たりの現実の労働(必要労働時間)は、やっと実働時間の半分か、それより少ない位でしょう。
「素直に本当の気持ちを話せば、仕事を変えることを決心した最大の理由は収入の多さです。」このような例もあるのです。ある外資のIT会社のセールスを仕事にしていた30代男性社員の実話です。
「自分の選んだ道ならばいくら困難でも持ちこたえられる」とか、「自分自身を伸ばすために危険を冒して過重な仕事を選別する」というような場合は、頻繁に耳にします。
アルバイト・派遣の仕事を通して育んだ「職歴」を伴って、多様な企業に頻々と面接を受けに行ってみましょう。とどのつまり、就職も縁の側面があるため、面接を多数受けることです。
第一志望だった企業にもらった内々定でないからと、内々定の企業への意思確認で考え込むことはありません。すべての活動を終えてから、内々定の出た会社の中で選定するようにしてください。

正直なところ就職活動を始めたときは、「希望の会社に入社するぞ」そんなふうに真剣だったのに、何回も不採用ばかりで、近頃ではもう採用の担当者に会うことでさえできないほどの恐怖を感じて動けなくなってしまいます。
せっかくの応募活動を一旦ストップすることには、不利になることが見受けられます。現在だったら募集をしているところも応募できるチャンスが終了する可能性だって十分あるということなのです。
就職しながら転職活動するような事例は、周囲の人に相談すること自体がなかなか困難です。離職しての就職活動に比較すると、相談できる相手は相当狭められた相手になるでしょう。
社会人だからといって、状況に応じた敬語などを使うことができる人ばかりではありません。逆に、就職していれば恥と言われるだけなのが、面接で間違えると致命的(不合格を決定づける)になってしまう。
皆様方の親しい人には「自分の願望が明確」な」人はいらっしゃるでしょうか。そんなタイプの人ほど、会社から見るとよい点が単純な人間と言えるでしょう。

仕事上のことを話す間、観念的に「一体どんなことを思っているか」ということではなく、その他に具体的な話を合わせて言うようにしてみるといいでしょう。
その担当者が自分のそこでの意欲を把握しているのかを見つつ、要領を得た「コミュニケーション」が通常通りできるようになれば、きっと採用の可能性も大きくなるのではないのだろうかと考えられる。
就職したものの就職した職場が「自分のイメージとは違う」他に、「こんな会社は辞めてしまいたい」ということを考える人など、いくらでもいるのが当たり前。
まずはそこが果たして正社員に登用できる制度がある企業かどうか把握した後、可能性があるようなら、一応アルバイト、派遣などからでも働きながら、正社員を目論んでも良いと思います。
夢や理想の自分を照準においた転向もあれば、勤務場所のさまざまな事情や家関係などの外的ファクターによって、転職の必要性が生じる事情もあるでしょう。

このページの先頭へ