東京都にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

東京都にお住まいですか?東京都にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


なるべく早く、新卒以外の社員を雇用したいと計画している会社は、内定の連絡後の回答を待つ日時を、一週間くらいに決めているのが多数派です。
肝要で忘れてはいけないことは、会社をセレクトする時は、絶対にあなたの欲望に忠実に選択することである。あせったからといって「自分のほうを応募先に合わせなければ」などと馬鹿なことを思ってはダメである。
ある日何の前触れもなく人気の会社から「ぜひ弊社に来てほしい」というようなことは、考えられないものです。内定をたんまりと貰うタイプの人は、それだけいっぱい不採用にもなっているものなのです。
給料そのものや就業条件などが、どの位手厚くても、仕事をしている状況が思わしくないものになってしまったら、再度よその会社に行きたくなる確率が高いでしょう。
いかにも未登録の番号や非通知設定されている場所から電話が鳴ると、驚いてしまう心理は理解できますが、そこを我慢して、初めに自ら名前を名乗るべきです。

バイトや派遣として形成した「職歴」を携行して、多くの企業に面接をたくさん受けにでかけてみましょう。とどのつまり、就職も出会いのエレメントがあるので、面接を受けまくるのみです。
就職活動に関して最終段階に迎える試練、面接試験を説明させていただく。面接は、応募者であるあなたと企業の採用担当者との対面式での選考試験ということ。
たくさんの就職選考に立ち向かっているうちに、不本意だけれども採用とはならないことばかりで、活動を始めた頃のモチベーションが次第に下がることは、どんな優秀な人でも特別なことではありません。
企業によりけりで、業務の詳細や自分がやりたい仕事もそれぞれ異なると思うので、会社との面接で触れ込むべき内容は、会社により異なってくるのが当然至極です。
苦境に陥っても最優先なのは、自分の成功を信じる心です。着実に内定の連絡が貰えると考えて、自分らしい一生をたくましく踏み出すべきです。

就職面接の状況で緊張せずに終わらせるという人になるには、たくさんの経験がどうしても不可欠なのです。それでも、本物の面接の場数をそれほど踏んでいないときには一般的に緊張するものだ。
今の就労先をはなれるという覚悟はないけど、どうにかして収入を増加させたいケースでは、一先ず収入に結びつく資格を取得するというのも一つの手段に違いないのではありませんか。
面接選考で重要になるのは、あなたの印象。たった数十分程度しかない面接では、あなたの一部分しかつかめない。となると、合否は面接のときのあなたの印象が決め手になっていると言えそうです。
いまは、要望する企業ではないという可能性もありますが、求人を募っているその他の企業と比較してみて、ほんの僅かだけでも長所だと感じる部分は、どんな点なのかを追及してみて下さい。
企業選びの見地は2つあり、一方は該当する会社のどこに興をひかれるのか、また別のある面では、自分がどんな職に就いて、どんな励みを勝ち取りたいと感じたのかという点です。


知っておきたいのは退職金制度があっても、いわゆる自己都合の人は会社によってそれぞれ違うけれど、一般的に全額はもらうことができませんので、何はともあれ再就職先を見つけてからの退職がよいだろう。
個々の事情があって、違う職場への転職を望むケースが近年増えているのである。だがしかし、転職すると決めたはいいけれど、別なところに転職した後の人生に今までとは大きな差が出るケースもたくさんあるというのが現実なのです。
通常の日本の会社で体育会系の経験のある人が望まれるのは、言葉遣いがしっかりしているからでしょう。いわゆる体育会系の部活動の世界では、先輩後輩といった上下関係がはっきりしており、知らぬ間に学習できてしまうものだと言えます。
ふつう自己分析をする場合の気をつけなければならない点は、実際的でない表現をなるべく使用しないことです。よく分からないたわごとでは、人事部の担当者を納得させることはとても難しいことでしょう。
就職活動というのは、面接選考を受けるのも応募した自分ですし、試験しなくてはならないのも応募するあなただけです。けれども、条件によっては、公共の機関の人に意見を求めるのも良い結果に繋がります。

上司の方針に疑問を感じたからすぐに仕事を変わる。端的に言えば、こういった思考回路を持つ人にぶつかって、採用担当の部署では被害者意識を持っていると言えます。
確かに見たことのない番号や非通知設定されている電話から着信があったりすると、ちょっと怖いという胸中は共感できますが、なんとか抑えて、先に自分から告げるべきです。
かろうじて準備のフェーズから面接の段階まで、長い段階を登って就職の内定までこぎつけたのに、内々定の後の処置を誤ってしまってはお流れになってしまう。
社会人でも、正しい日本語や敬語などを使うことができる人は少ない。でも、就職していればただの恥と言われるだけなのが、面接時に間違えると採用が難しくなるようになってしまう。
いわゆる会社はあなたに相対して、どんなに好ましい条件で雇用契約してくれるのかと、早期の内に企業の具体的な利益に連なる能力を、出してくれるのかだけを見込んでいるのです。

やはり人事担当者は、求職者の持つ能力などをうまく読み取って、「自社にとって必要で、仕事をこなしてくれそうな人か?」を気を抜かずに審査しようとすると思うのだ。
強いて挙げれば事務とは無関係な運送の仕事の面接試験では、難関の簿記1級の資格を取っていることを伝えてもまるっきり評価の対象にならない。逆に事務職の試験のときは、高いパフォーマンスの持ち主として期待されるのです。
苦境に陥っても重要なのは、自らを信心する心なのです。必ずや内定されることを確信して、自分らしい人生をパワフルに歩んでいきましょう。
職業安定所といった所の就職の仲介をしてもらった際に、該当の会社に勤務することになると、条件(年齢等)によって、会社から職業安定所に向けて仲介料が支払われると聞く。
何か仕事のことについて話す機会に、あいまいに「どんなことを考えているか」だけでなく、其の上で具体例を折りこんで説明するようにしてはどうでしょうか。


何日間も情報収集を休んでしまうことには、良くないことが存在します。それは、現在は応募可能な会社も応募できるチャンスが終了することだってあると想定できるということです。
結果的には、公共職業安定所などの就職紹介で入社する場合と、私設の人材紹介会社で就職決定するのと、共に両用していくのが良い方法だと考えている。
新卒以外の人は、「なんとか入れそうで、職務経験も見込める会社」なら、とにもかくにも入社したいものです。零細企業だろうとなんだろうと構わないのです。職務経験と職歴を積み上げられればそれで問題ありません。
ある日急に会社から「あなたをわが社にぜひ欲しい」などというケースは、荒唐無稽でしょう。内定をふんだんに出されているようなタイプは、それだけ多く悲しい目にもなっているものなのです。
関心がなくなったからといった見方ではなく、やっとこさ自分を評価してくれて、その上内定まで受けられた会社には、謙虚な返答を心に刻みましょう。

内々定とは、新規卒業者(予定者)に行う採用選考の企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは、10月1日以降とするようにと定義されているので、やむを得ず内々定という形式をとっているのだ。
「好んで選んだことならばいくら辛くても辛抱できる」とか、「我が身を上昇させるためにわざわざ苦労する仕事を選びとる」というパターンは、よく耳にします。
給料そのものや職務上の処遇などが、どの位手厚くても、職場の環境こそが劣悪になってしまったら、またしても離職したくなる可能性があります。
通常の日本企業で体育会系の部活出身の人材が高い評価を受ける理由は、言葉遣いがしっかりしているためだと聞いています。学生とはいえ体育会系の部活では、常に先輩後輩といった上下関係が厳格であり、知らぬ間に習得されています。
仮に運送といった業種の面接試験を受ける場合、難しい簿記1級の資格を持っていることを伝えても評価の対象にならない。事務の人のときであれば、高い能力をもつとして期待されるのだ。

当然就職試験の最新の出題傾向を問題集やインターネットなどを使って先にリサーチして、対策を練っておくことが大切です。この後は個々の就職試験についての要点とその試験対策についてお話します。
売り言葉に買い言葉となって、「こんなところもう願い下げだ!」などと、勢いだけで離職を申し出てしまう人がいるでしょうが、景気が非常に悪い今、非理性的な退職は恐ろしい結果を招きます。
転職活動が新卒者などの就職活動と全く違うのは、「職務経歴書」と言われます。伝えたい職場でのポストや職務内容を単純明快に、要所を抑えて完成させることが要されます。
本当のところ、日本の世界と渡り合えるテクノロジーの大多数が、いわゆる中小企業の町工場で誕生していますし、給料だけでなく福利厚生も十分なものであるなど、発展中の企業だってあるのだ。
面接選考のとき、勿論転職の理由について問われるでしょう。「なぜ退職したのか?」につきましては、どの会社も最も重要視するポイントです。そんな意味から、転職理由を取りまとめておくことが重要になります。

このページの先頭へ