愛知県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

愛知県にお住まいですか?愛知県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


面接と言われるのは、応募しに来た人がどのような考え方をしているのかをチェックすることが第一義ですので、原稿を間違えずに読むことが大切なのではなく、誠心誠意アピールすることが大事だと考えます。
確かに見知らぬ番号や非通知の番号から着信があったりすると、不安を感じる心理は理解できますが、それにぐっと耐えて、先んじて自ら名前を名乗るものです。
もちろん就職活動は、面接に挑むのも本人ですし、試験の受験だって自分自身です。けれども、行き詰った時には、他人に意見を求めるのもいいことがある。
「筆記用具を必ず持参するように。」と記述があれば、テスト実施の可能性が高いですし、「懇親会」と記載してあれば、小集団に分かれての討論が開催される時が多いです。
たとえ社会人になっていても、本来の敬語などを使うことができている人は少ない。だから、就職していればただの恥とされるだけなのが、面接時には致命的(面接失敗)な場合が多い。

転職活動が就活と全く違うのは、「職務経歴書」であります。現在までの職務内容などを企業の担当者に理解しやすく、ポイントをはずさずに記載しなければなりません。
意気込みや理想の姿を目標とした商売替えもあれば、働く企業のトラブルや生活状況などの外的要素により、仕事を変えなければならない事例もあるでしょう。
面接の際には、絶対に転職の理由について質問されるだろう。「何が原因で辞めたのか?」につきましては、どんな企業も非常に気にする部分です。そんな訳で、転職理由を準備しておくことが欠かせません。
当然ながら成長中の業界には、素晴らしいビジネスチャンスに巡り合うことがたくさんあるのだ。新規事業開始のチャンスもあれば、子会社を設立したり、新規参入する事業やチームの責任者をまかされる可能性が高くなるのです。
自分自身をスキルアップさせたい。今以上に成長することができる勤務先を見つけたい、といった願いをよく耳にします。必要なスキルが身についていないと感じたときに転職を考える方が非常に多い。

面接選考にて、自分のどこが悪かったのか、ということをアナウンスしてくれるやさしい会社はありえないため、あなたが修正すべきところを認識するのは、非常に難しいことです。
総合的にみて営利組織は、途中入社した人間の教育のためにかける歳月や経費は、なるべく切りつめたいと計画しているので、自らの力で結果を示すことが要求されているといえます。
外資で就業している人は、さほど珍しくない。外資系の会社と言ったら、今までは中途採用のすぐさま戦力となる人を採用する印象を持ったが、ただ今は、新卒の入社に前向きな外資系企業も精彩を放つ。
圧迫面接というイヤな面接手法で、いじわるな設問をされた折りに、何気なく立腹してしまう方がいます。同情しますが、激しい感情を表に現さない、大人としての基本事項といえます。
やっぱり就活中に、手に入れたい情報は、応募先全体の方針とか社内のムードなど、自分がやるべき仕事の詳細などではなく、応募先自体を品定めしたいがための材料なのだ。


自分のことをステップアップさせてキャリアを積みたいとか一段とキャリア・アップできる会社で挑戦したい、といった願いを聞くことがしょっちゅうあります。必要なスキルが身についていない、それに気づいて転職を考える方がとても多い。
本当に記憶にない番号や非通知設定されている場所から電話された場合、不安になってしまう心持ちはわかりますが、そこを耐えて、最初に自分の方から告げるべきです。
企業ならば、個人の事情よりも会社組織の計画を重いものとするため、よく、心外なサプライズ人事があるものです。当然ながら当事者にしてみれば腹立たしいことでしょう。
いま現在さかんに就職活動や転業目指して活動しているような、20~30代の世代の親からすると、地方公務員や評判の高い一流企業に入ることこそが、最善の結果だと思うものなのです。
外資系会社の仕事場で求められる職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本人の営業マンについて希求される物腰やビジネス履歴の枠を目立って超えていることが多いのです。

【ポイント】に関しては「数学」とは違って間違いの無い答えはありませんので、どの部分が良くてどの部分が悪かったのかなどといった合否の基準は応募先ごとに違い、更に担当者の違いで全く変わるのが今の状態です。
実際、就職活動を始めたときは、「絶対やってやるぞ」と力が入っていたにもかかわらず、続けざまに採用されないことばかりで、いまじゃすっかり面接会などに行くことでさえコワくなってしまうようになったのである。
当たり前だが人事担当者は、隠された適格性について試験などで読み取って、「会社にとって必要で、活躍してくれそうな人物かどうか」確実にテストしようとするのである感じるのだ。
人材紹介を生業とする業者といった紹介を行う会社では、企業に紹介した人が予定より早く退職してしまうなど失敗があると、自社の評判が低くなる。だから企業のメリットやデメリットを正直に聞けるのである。
皆様方の周辺の人には「自分の好きなことが一目瞭然の」人はいらっしゃるでしょうか。そんなタイプの人こそが、企業からすれば価値がシンプルな人間になるのです。

内省というものをするような際の要注意の点は、抽象的すぎる表現をなるべく用いない事です。言いたい事が具体的に伝わらないフレーズでは、採用担当の人を同意させることはなかなか難しいのです。
奈落の底を知っている人間は、仕事の場合でもへこたれない。そのしぶとさは、君たちならではの特徴です。将来的に仕事の面で、必ず効果を発揮する時がくるでしょう。
転職を想定する時、「今の仕事なんかよりはるかに好条件のところがあるのではないか」みたいなことを、まず誰でも思うことがあるに違いない。
本当は就活をしていて、応募する方から企業へ電話連絡するということはわずかで、相手の会社の採用担当者からの電話を受ける機会の方がとても多い。
話題になった「超氷河期」と一番最初に称された頃の若者世代では、新聞記事や世間の風潮に引きずられるままに「仕事があるなんてチャンスだ」などと、就職先を決定してしまった。


いくら社会人であっても、ちゃんとした丁寧語や敬語などを使うことができている人ばかりではありません。というわけで、このような状況でも恥ですむところが、面接の際は決定的(この時点で不合格)なことが多いのである。
目的や理想の自分をめがけての商売替えもあれば、勤め先の問題や引越しなどの外から来る要因によって、仕事を変えなければならない場合もあるでしょう。
選考試験で、応募者によるグループディスカッションを実施しているところは沢山あります。これは面接とは違った面から性格やキャラクターなどを観察するというのが目的だ。
多くの場合就活の場合、申請する側から働きたい会社に電話をかける機会はわずかで、相手の会社からかかってくる電話を取る場面の方がかなり多い。
今のところ就職内定率が今までで最も低い率とのことであるが、しかしそんな状況でも確実に採用内定を手にしているという人がいる。内定の返事がもらえる人ともらえない人の決定的な相違点はどこにあるのでしょう?

外資で仕事に就いている人は、あまり珍しくない。外資系の会社と言ったら、今までは中途採用の即座に戦力となる人を採用する雰囲気を感じたが、今時は、新卒の就業に積極的な外資系会社も増えてきている。
実は、人材紹介会社(職業紹介会社)は狙いとしてはじめての就職ではなくて転職を希望している人に使ってもらう企業やサービスなのである。だから実務の経験がわずかであっても数年以上はないと請け負ってくれません。
いわゆる圧迫面接で、キツイ質問をされたとしたら、図らずも立腹する方もいるでしょう。その気持ちは理解できるのですが、激しい感情を表面に出さないようにするのは、社会での当たり前のことです。
会社の方針に従いたくないのですぐに辞職。ひとことで言えば、こんな思考回路を持つ人にぶつかって、人事の採用担当者は疑う気持ちを持っています。
当然かもしれないが人事担当者は、採用を希望している人の本当の能力などをうまく読み取って、「自分の会社で必要で、仕事をこなしてくれそうな人か?」真っ向から確かめようとしているのだと思っている。

意外なものとして大学を卒業して、新卒から言ってみれば外資系企業への就職を目指すという人もいますが、実際には多いのは、まずは日本国内の企業で採用されてから、30歳あたりで外資系企業に転身というパターンが一般的なのだ。
一番最初は会社説明会から関わって、筆記によるテストや就職面接と歩んでいきますが、別のルートとしてインターンやOBへの訪問や採用担当者との懇談などの活動方法もあります。
転職を思い立つ時には、「今いるところよりもずっと年収が貰える勤務先があるに違いない」こんなことを、間違いなくみんな揃って思いを巡らすことがあるはずです。
次から次に就職試験をやっているなかで、悲しいかな不採用になることが続いたせいで、十分にあったやる気が日増しにみるみる無くなることは、がんばっていても異常なことではないのです。
何日間も就職活動を一時停止することには、覚悟しなければならないことがあるということも考えられます。今なら募集中の企業も求人が終わってしまうことだって十分あるということなのです。

このページの先頭へ