埼玉県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

埼玉県にお住まいですか?埼玉県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングです。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで
豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。当サイトは、転職をがんばろうとしている人に向けて記事を書いています。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキング

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のアピールポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:お祝い金がもらえる!
     →正社員/週32時間以上:@2万円,パート/週32時間未満:@5,000円
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開
    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 「保育のお仕事が業界トップクラスのサービスである」と言われいて そのため、メディアにも多数取り上げられています。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方
    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。
    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!

    【転職する際に重要視しているポイント】
    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内などの働く場所
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設
    ※また、保育士さんは過酷な労働状況に悩み、転職を考える人がいる一方で  女性が多い職場ということから人間関係に悩み、転職を検討する保育士さんも多数いらっしゃいます。
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。
    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いわゆる企業は、雇用している人に収益全体を割り戻してはいないと言えます。給与に値する本当の労働(必要な仕事量)は、正直なところ実際にやっている仕事の半分以下がいいところだ。
自分のことを磨きたいとか積極的に自分の力を伸ばすことができる勤め先を探したい、というような希望をよく耳にします。自分の成長が止まったことを発見して転職しようと考える方が多数いるのです。
第二新卒っていったいどういう意味なのでしょうか?「一度は学卒者として就職したけれどすぐに(3年以内)退職した若者」を表す名称。近年では早期に離職してしまう若年者が増加しているため、この表現が出てきたのでしょう。
最近意欲的に就職活動や転業するために活動するような、20~30代の世代の親の立場でいえば、国家公務員や一部上場の大手企業等に入社できることこそが、最善だというものです。
何度も就職選考をやっているなかで、無情にも不採用とされてしまうケースが続くと、最初のころのやる気がどんどんと低くなっていくことは、どんなに順調な人でも普通のことです。

一般的には就職活動の際に、こっちから働きたい会社に電話をかけなければならないことは基本的になく、それよりも相手の企業の担当者からの電話連絡を受けるということの方が断然あるのです。
学生諸君の親しい人には「自分の好みの傾向が確実にわかっている」人はいるでしょうか。そういった人こそ、会社にすれば役に立つポイントが明瞭なタイプといえます。
「自分の特質をこの職場でならば駆使できる(会社のために貢献する)」、そういった理由で御社を第一志望にしているというような場合も、ある意味重要な理由です。
多様な状況を抱えて、再就職を考えている人が急激に増えています。そうはいっても、転職すると決めたはいいけれど、転職してからの人生が計画と異なるケースも少なくないのが実際には在り得ます。
変わったところでは大学卒業と同時に、外資系を目指すという人も見受けられますが、実際にはよく見られるのは、まずは日本国内の企業で勤めて実績を作ってから、30歳あたりで外資に転職というケースが普通です。

企業の人事担当者は、採用を希望している人の本当の才能を選考などで読み取って、「企業に必要で、活躍できそうな人物かどうか」を真面目に確かめようとするのだ。そういうふうに思うのである。
面接という様なものには「算数」とは違って完璧な答えがありませんから、いったいどこがどのように良かったのかという基準は会社が違えば変わり、同じ応募先でも担当者次第で全く変わるのが現状です。
売り言葉につい買い言葉を発して、「こんなところもう辞める!」こんなことを言って、感情的に退職することになる人がいるのだが、こんなに不景気のときに、かっとなってしまっての退職は大きな間違いです。
基本的には公共職業安定所などの職業紹介で就職する機会と、よく見かける人材紹介会社で入社を決めるのと、二者共に並行していくことが良い方法ではないかと考えます。
有名な成長企業と言ったって、100パーセント絶対に退職するまで揺るがない、そうじゃないので、そのポイントも慎重に情報収集するべき。


内々定については、新規卒業者(予定者)に対する選考等での企業の作った倫理憲章に、正式に内定するのは、どれほど早くても、10月1日以降ですと決定されているので、それまでは内々定というかたちをとっているというわけです。
辛酸を舐めた人間は、仕事する上でもしぶとい。その頼もしさは、あなた方ならではの誇れる点です。この先の仕事にとって、必然的に役に立つことがあります。
企業の選考試験で、応募者をグループにしてグループディスカッションを選択している企業は沢山あります。担当者は面接とは違った面から個性などを知りたいのが目当てなのです。
面接の場で気を付けていただきたいのは、あなた自身の印象である。短い時間しかない面接なんかでは、あなたの本当のところはつかめない。結果、合否は面接を行ったときのあなたの印象が影響を及ぼしているということです。
肝心なポイントは、勤務先を選ぶ際は、必ずあなたの希望に正直になって選ぶことであり、どんなことがあっても「自分のほうを応募先に合わせよう」なんてふうに思っては失敗するだろう。

先行きも、上昇が続くような業界に仕事を見つけたいのなら、その業界が本当に発展している業界なのか、急速な進歩に適合した経営が営めるのかどうかを判断することが肝心な点でしょう。
「好んで選んだことならばどれほど過酷でも堪えることができる」とか、「わが身を飛躍させるためにことさら過酷な仕事を選別する」とかいうケース、かなり聞くことがあります。
通常、会社とはあなたに相対して、どれほど有利な雇用条件で雇用されるのかと、なるべく早期に企業の具体的な好収益に影響する能力を、機能してくれるのかだけを待ち望んでいます。
内定を断るからという立場ではなく、苦労して自分を評価してくれて、内定通知を受けられたその会社に対しては、真心のこもった応対を注意しておくべきです。
転職活動が就職活動と完全に違うのは、「職務経歴書」と言われています。現在までの職場でのポジションや詳細な職務経歴などをできるだけ簡潔に、要所を外さずに完成させることが要されます。

就職しながら転職活動する時は、周辺の人達に打ち明ける事も厄介なものです。通常の就職活動に比べてみれば、助言を求められる相手は非常に少ないでしょう。
必ずこういう仕事がしたいという明確なものもないし、あれも良さそう、いや、これも良さそうと混乱して、結局は本当は自分が何をしたいのか面接で担当者に、分かってもらうことができないということではいけない。
そこが本当に正社員に登用するつもりがある会社かどうか確かめたうえで、登用の可能性を感じるのであれば、一応アルバイトもしくは派遣として働きながら、正社員を狙ってもいいですね。
転職を考慮する時と言うのは、「今いる勤務先よりももっと給料も待遇も良いところがあるに違いない」というふうに、たいていみんなが想定することがあるはず。
転職という、いわゆる何回も切り札を出してきた履歴がある方は、勝手に離転職したという回数も積み重なるものです。それで、同一会社の勤務年数が短いことが目立つことになります。


ストレートに言うと就職活動をしているときには、絶対に自己分析ということを行った方が良い結果につながると提案されてすぐに行いました。しかし、本当のところちっとも役には立たなかったということです。
売り言葉につい買い言葉という感じで、「こんなところ直ぐにでも退職してやる!」こんなことを言って、ヒステリックに退職することになる人がいるのだが、こんなに不景気のなかで、むきになっての退職は決してあってはならないのである。
言うに及ばず企業の人事担当者は、求職者の持つ能力などを試験や面接で読み取って、「企業に必要で、仕事をこなしてくれそうな人物かどうか」しかと見定めようとしているのだと思うのである。
非常に重要なのは何か?仕事を選定する時は、必ず自分の希望に忠実になってチョイスすることであって、あせったからといって「自分のほうを応募先に合わせよう」などということを考えてはうまくいかないのです。
社会人だからといって、正確な敬語を話すことができる人はむしろ少ないのです。多くの場合、社会人として普通に恥と言われるだけなのが、面接の場面では採用が絶望的になるように働くことが多い。

今の瞬間は、希望の企業ではないという事かもしれませんが、現在募集しているこれ以外の会社と見比べて、少しだけでも魅力的だと感じる部分は、どのような所かを探索してみてください。
ふつう会社は、あなたに収益の全体を戻してはいません。給与と評価して実際の労働(必要労働時間)は、なんとか実施した労働の半分かそれ以下ということが多い。
現在の業種を変更するという覚悟はないのだけれど、どうしても今よりも月々の収入を多くしたいのだという時は、一先ず収入に結びつく資格を取得するのも一つの手段かも知れません。
「就職氷河時代」と一番初めに呼ばれた際の世代で、世間で報じられている事や世間の空気にどっぷり浸かる内に「就職がある分助かる」なんて、就職口をすぐに決定してしまった。
収入そのものや職場の条件などが、どれだけ厚遇でも、労働場所の環境こそが悪化したならば、次も転職したくなってしまうかもしれません。

内省というものが入用だと言う人の受け取り方は、自分と息の合う仕事というものを求めて、自分自身のメリット、関心を持っている点、得意とするお株を意識しておくことだ。
どうあってもこんな仕事がやりたいという明らかな展望もないし、どれもこれも良さそうと思い悩むあまり、とうとう自分が何をしたいのか面接で、話せない場合がある。
会社の方針に賛成できないからすぐに辞表。言ってみれば、こんな風な思考経路を持つ人にぶつかって、採用の担当者は被害者意識を感じていると言えます。
就職しても選んだ会社を「入ってみると全然違った」「やりたい仕事じゃない」、「違う会社に再就職したい」等ということを考える人は、大勢いて珍しくない。
本当のところ就職活動の際に、志望者側から応募希望の勤め先に電話するということはほとんどなくて、応募先の企業からいただく電話をもらう場面の方が断然あるのです。

このページの先頭へ