埼玉県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

埼玉県にお住まいですか?埼玉県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


面接という様なものには完璧な正解はありません。どこがどのように良かったのかという判定の基準は応募先によって、それどころか同じ会社でも担当者が交代すれば変化するのが現実にあるのです。
ようやく就職できたのに選んだ企業のことを「想像していた職場ではなかった」または、「退職したい」等ということを思ってしまう人は、たくさんいて珍しくない。
面接において意識する必要があるのは、あなた自身の印象である。長くても数十分程度しかない面接なんかでは、あなたの一部分しか把握できない。結果、合否は面接を行ったときのあなたの印象に影響されると断定できそうです。
一部大学を卒業時に、新卒から外資系企業への就職を目指すという人もいますが、現実を見てみると大方は、日本企業で採用されて実績を作ってから、早くても30歳前後で外資に転身というケースが増えてきています。
今のところ就職内定率が悪化し過去最悪なのだそうだが、そんな環境でも粘って採用の返事を手にしている人がいるわけです。内定してもらえる人ともらえない人の違うところはどこなのでしょうか。

仮に運送業などの面接試験において、簿記1級もの資格所持者であることをアピールしても一切評価されないけれど、逆に事務職の面接のときであれば、即戦力をもつとして期待されるのだ。
人材・職業紹介サービスとか派遣会社なんかは、就職した人が期待に反して離職してしまうなどの失敗によって、自社の評価が下がるので、企業のメリットやデメリットを全て正直に伝えているのだ。
資格だけではなく実務経験が十分にあるのだったら、職業紹介会社でも大変利用価値がある。新卒者を募集するのではなく、人材紹介会社を使ってまで人を探している場合というのは、即戦力を雇い入れたいのである。
「筆記するものを持参のこと」と記載があれば、紙でのテストの確率が高いし、よくある「懇談会」と記載してあれば、小集団でのディスカッションが開催される確率が高いです。
包み隠さずに言うと就職活動をしている最中に必ずや自己分析(キャリアの棚卸)をやっておくと良い結果につながると聞いてためしてみた。しかし、本当のところ就職活動には全然役に立つことはありませんでした。

いま現在、就職活動中の会社が、本来の第一志望ではなかったために、志望の動機が明確にできない心痛を抱える人が、時節柄なんだか多いのです。
【応募の前に】成長中の業界には、すごいビジネスチャンスに遭遇する機会がたくさんあるものだ。新規事業立ち上げの機会もあれば、子会社などを作ったり、大切なプロジェクトやチームの責任者をまかされる可能性が高くなるということ。
出席して頂いている皆様の近しい中には「自分の得意なことが明確」な」人はいらっしゃいませんか?そんなような人ほど、企業からすれば長所が平易な人間になるのです。
実際のところは、人材紹介会社など民間の職業紹介サービスは本来は社会人で転職を望んでいる人に使ってもらうところだからこそ企業での実績となる実務経験がどんな仕事の場合でも2~3年くらいはなければ対象としては見てくれません。
当然、企業の人事担当者は、応募者の持っている真の力量などについて試験などで読み取って、「会社に有用で、活躍できそうな人物かどうか」を気を抜かずに選抜しようとしている。そのように考えている。


「自分の選んだ道ならばいかに辛くても我慢できる」とか、「自らをステップアップさせるために積極的に大変な仕事を選択する」といった場合は、何度も聞くことがあります。
いわゆる圧迫面接で、いじわるな問いかけをされたような場合に、知らず知らず立腹してしまう方がいます。そうなる気持ちは理解できるのですが、あけっぴろげの感情を表に現さない、社会での常識なのです。
面接の際気を付ける必要があるのは、あなたの印象についてです。わずか数十分くらいの面接なんかでは、あなたの全ては把握できない。したがって、採否は面接を行ったときの印象が決めているとも言えるのです。
結論から言うと、職業紹介所の就職の仲介で入社を決めるのと、いわゆる人材紹介会社で仕事就くのと、共に釣り合いをみながら進めるのが良策だと思っています。
野心や理想の姿を志向した転身もありますが、勤務場所の事情や引越しなどの外的要素により、転職の必要が出てくる場合もあるでしょう。

どうしてもこんなことがやりたいというコレと言ったものもないし、あれかなこれかなとパニックになって、結局のところ実際のところ自分が何をしたいのか企業の担当者に、説明できないということではいけない。
当然、企業の人事担当者は、採用を希望している人の実際の才能を読み取り、「企業にとって必要で、役に立ちそうな人物かどうか」を真面目により分けようとするのである思うのだ。
企業選択の観点としては2つあり、あるものはその企業の何に心をひかれたのか、2つには、自分が仕事をする上で、どのような生きる張りを獲得したいと感じたのかという点です。
一般的に自己分析が重要だという人の主張は、自分に最適な仕事を見つけようとしながら、自分自身の特色、心惹かれること、得意分野を認識することだ。
すなわち仕事探しの際に、知りたいと思っている情報は、その企業の雰囲気とか社内のムードなど、自分がやるべき仕事の詳細というよりも、応募する企業そのものを判断したいと考えての内容である。

皆様方の近しい中には「自分の得意なことが明快な」人はいるのではないでしょうか。そういった人こそ、会社から見ると長所が使いやすい人といえます。
「忘れずに筆記用具を携行のこと」と書いてあるのなら、記述式の試験の懸念があるし、よくある「懇談会」と記載してあれば、グループでのディスカッションが予定されるかもしれません。
電話応対だとしても、面接のうちだと認識して応対するべきです。逆に、採用担当者との電話の応対とか電話のマナーが好印象であれば、高評価に繋がるということなのである。
就職の為の面接を受けていく間に、ゆっくりと見通しもよくなってくるので、主体が不明になってしまうという意見は、広く数多くの方が考える所でしょう。
大抵最終面接の機会に尋ねられるのは、以前の面接の折に質問されたことと反復になってしまいますが、「志望のきっかけ」がとても多い質問のようです。


ひとたび外資の企業で就業していたことのある人のあらかたは、そのまま外資の職歴を継承する色合いが強いです。いうなれば外資から日本企業に戻って就職する人は、珍しいということです。
会社というものは働いている人間に向けて、どの位すばらしい条件で勤務してくれるのかと、最も早く企業の収益増強に通じる能力を、活用してくれるのかといった事だけを熱望しています。
度々面接を経験を積むうちに、じわじわと見通しもよくなってくるので、基軸がはっきりしなくなってしまうというような場合は、再々多数の人が迷う所です。
誰もが知っているような成長企業なのであっても、必ず退職するまで問題ない、そういうわけではあり得ません。企業を選ぶときにそういう要素についても慎重に情報収集しなくてはいけない。
内々定と言われているのは、新規卒業者(予定者)に関する採用や選考に関する企業間の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定を出すのは、どんなに早くても、10月1日以降であると規定されているので、やむを得ず内々定というかたちをとっているということです。

「本当のところ内心を言ってしまうと、商売替えを決心した最大の要素は収入のためなのです。」このような例もしばしばあります。有名な外資系IT企業の営業を担当していた30代半ばの方の話です。
超人気企業であり、千人以上のエントリーが殺到するところでは、選考に使える時間や人員の限界もあったりして、とりあえず大学名で、選考することなどは度々ある。
何としてもこんなふうにやりたいというはっきりしたビジョンもないし、あの仕事もこの仕事も良さそうと考えるあまり、最後には自分が何がしたいのか企業に、整理できないようになってはいけない。
実際のところは、人材紹介会社など民間のサービスは一般的にはじめての就職ではなくて転職を希望している人が使うところだ。だから企業での実績となる実務経験ができれば2~3年以上ある人でなければ対象としては見てくれません。
採用選考試験において、応募者をグループにしてグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を選択している企業は沢山あります。人事担当者は普通の面接では垣間見ることができない個性などを調査したいというのが狙いである。

ふつう自己分析をする時の要注意の点は、具体性のない表現を使用しないようにすることです。漠然とした言葉づかいでは、採用担当の人を合意させることはできないと知るべきです。
重要なルールとして、会社を選定する時は、必ずあなたの希望に正直になって選ぶことであり、どんな理由があっても「自分のほうを会社に合わせよう」などということを考えてはダメなのだ。
電話応対だったとしても、面接の一部分だと意識して応対するべきです。当然のことながら、その際の電話応対であったり電話内容のマナーが良い印象として受け取られれば、同時に評価が高くなるに違いない。
言うに及ばず企業の人事担当者は、採用を希望している人の本当の適格性について読み取り、「会社にとって有用で、活躍できそうな人か?」を真剣により分けようとするのだ。そう考えている。
学生諸君の周辺には「自分のやりたいことが明朗な」人はいないでしょうか。そんなタイプの人ほど、企業からすれば価値が使いやすい人なのです。

このページの先頭へ