千葉県にお住まいの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

千葉県にお住まいですか?千葉県にお住まいの、あなたにオススメの保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「本当のところ腹を割って言えば、転職を決心した最大の動機は年収の為なんです。」こんな事例も耳に入ります。有名な外資系IT企業の営業をやっていた中堅男性社員の例です。
就職の選考試験の場面で、応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を採用しているところが多くなってきている。企業は普通の面接では垣間見ることができない個性や性格などを確認するのが目当てなのです。
何とか就職したもののとってくれた職場を「思い描いていたものと違った」「やりたい仕事じゃない」、「こんな職場なんか辞めたい」ということまで考えてしまう人は、大勢いるんです。
いまは、志望の会社ではないのでしょうが、いま求人中のそことは別の会社と秤にかけてみて、ほんの少しでも長所だと感じる部分は、どこにあるのかを考察してみて下さい。
その企業が現実的に正社員に登用してくれる企業なのかそうでないのか確かめたうえで、登用の可能性があるようなら、まずはアルバイトやパート、派遣からでも働きながら、正社員になることを目指してもらいたい。

現実に、わが国の秀でたテクノロジーの大部分のものが、大企業ではなく、中小企業のありふれた町工場で生まれているし、年収や福利厚生の面も魅力的であるなど、景気のいい会社もあるのです。
全体的に企業自体は、中途で採用した社員の育成対策のかける期間や出費は、可能な限り抑えたいと画策しているので、自主的に首尾よくやりおおせることが要求されています。
転職という様な、いわば何回も秘密兵器を使ってきた過去を持つ方は、勝手に転職回数も増えます。そんな訳で、1社の勤務期間が短期であることが多くなるというわけですね。
実質的に就職活動をしている人が、手に入れたい情報は、応募先の風土とか社内のムードなどが多く仕事の内容というよりも、応募する企業そのものを把握しようとする意味合いということだ。
変わったところでは大学卒業と同時に、急きょ外資系の企業を目指すという人も見受けられますが、実績として最も多いのは、日本国内の企業で採用されて経験を積んでから、大体30歳前後で外資に転職というパターンなのです。

しばらくとはいえ就職のための活動を休憩することについては、良くない点が見受けられます。現在なら募集中の会社も求人が終了することだって十分あるということなのである。
私も就職活動に取り組み始めた頃は、「採用されるぞ」そんなふうに真剣だった。けれども、いつになっても落ち続けるばかりで、このごろはもう担当者の話を聞くことすら恐ろしく感じて行動できなくなっています。
転職を想像するとき、「今いる勤務先よりも更に賃金や待遇の良いところがあるに違いない」というふうに、ほとんど全員が考えをめぐらせることがあると思います。
本当のことを言うと、人材紹介会社というのは、本来、就職していて転職希望の人に利用してもらう企業やサービスだ。だから実務で働いた経験が悪くても2~3年程度はないと対応してくれないのです。
自分のことを成長させてキャリアを積みたい。今以上に向上できる場所で仕事をしたい、といった望みをしょっちゅう聞きます。自分が伸びていないと気づくと転職しなければと思い始める人が大勢います。


現時点では、希望する会社ではないのでしょうが、現時点で募集中のこれとは別の企業と比較してみて、少しだけであっても長所に思われる所は、どのような所かを思い浮かべてみて下さい。
包み隠さずに言うと就職活動の最中には、自己分析(自分のキャリアの整理)を経験しておくほうがよいのでは?とアドバイスをもらい実行してみたのだが、聞いた話とは違ってまったく役に立たなかったと聞いている。
「自分の持つ能力をこういった会社でなら使うことができる(会社の利益に寄与できる)」、それによってその職場を志しているというような場合も、的確な願望です。
将来のために自分を伸ばしたい。これまで以上にキャリア・アップできる場所で就職したい、という声を耳にすることがよくあります。自分の成長が止まったと気づくと転職を意識する方が多い。
重要なのは何か?勤務先を選ぶ場合は、何しろ自分の欲望に正直に選ぶことである。何があっても「自分のほうを就職先に合わせなければ」などと馬鹿なことを思っては失敗するだろう。

この先の将来も、拡大が続きそうな業界に勤務する為には、その業界が掛け値なしに上昇している業界なのか、急な拡大に対処可能な経営が可能なのかを見通しておくことが必要な条件でしょう。
人材紹介業者とか派遣会社なんかは、その人が短い期間で会社を辞めるなど失敗してしまうと、人気が下がる。だから企業の長所、短所両方共に隠さずに聞くことができる。
転職活動が新卒者の就職活動と確実に異なるのは、「職務経歴書」と言われているようです。実際の職務経歴などを単純明快に、要点をはずさずに作成することが必須なのです。
往々にして面接の時のアドバイスとして、「自分ならではの言葉で話しなさい。」との言葉を聞くことがあります。そうはいっても、自分ならではの言葉で話すということの定義がつかめないのです。
よく日本の会社で体育会系の部活出身の人がいいとされるのは、きちんと敬語が使えるからです。体育会系といわれる部活動の世界では、先輩後輩がきちんとしているため、誰でも習得できるようです。

意外なものとして大学卒業のときに、新卒から外資系の企業への就職を目指すという人もいますが、やっぱり現実的にはおおむねは、とりあえず日本企業で採用されて実績を作ってから、30歳くらいで外資系企業に転職というケースが普通です。
第一希望からの内々定でないということなんかで、内々定の返事で考え込むことはありません。就職活動を完了してから、見事内々定をもらった中から選びましょう。
誰もが知っているような成長企業とはいうものの、確かに就職している間中安全、そんなことは断じてありません。就職の際にその部分については慎重に確認するべきだろう。
社会人であっても、失礼のない正しい敬語を使えている人ばかりではありません。ほとんどの場合、社会人であれば恥で済ませられるけれど、面接で間違えると決定的(面接として不合格)なことが多い。
「筆記用具を必ず所持すること。」と記述されていれば、筆記テストがある確度が濃厚ですし、いわゆる「懇親会」とあるならば、グループ別の討論会が持たれるかもしれません。


「筆記用具を必ず携行のこと」と記載されているのなら、記述テストの危険性がありますし、最近多い「懇談会」と記述があるなら、小集団でのディスカッションが実施されるケースが多いです。
自らが言いたい事柄について、よく相手に伝えることができなくて、大変に後悔を繰り返してきました。今から自己判断ということに時間を割くのは、とうに遅いといえるでしょうか。
現在は、志望する会社ではないのでしょうが、いま求人中のこれ以外の会社と突き合わせてみて、ほんの僅かだけでも長所だと感じる部分は、どの辺りにあるのかを考慮してみてください。
同業者の中に「家族のコネでシステムエンジニアを退職して、この業界に転職してきた。」という者がいて、その彼によるとシステムエンジニアをやっていたほうが百倍くらいは楽していられたとのことです。
仕事上のことで何か話す間、曖昧模糊とした感じで「どういう風に考えているか」だけでなく、併せて具体的な話を取り入れて申し述べるようにしたらよいと考えます。

転職というような、言うなれば何回も秘密兵器を使ってきた性格の人は、つい離転職したという回数も積み重なるものです。それがあるので、同一会社の勤続が短いことがほとんどだということです。
どうにか手配の段階から面接のフェーズまで、長い順序をこなして内定されるまで到着したのに、内々定が出た後の態度を踏み誤ってしまってはお流れになってしまう。
是非ともこういう仕事がしたいというはっきりしたものもないし、あの仕事もこの仕事も良さそうと考えた末に、ついには一体自分が何をしたいのか面接できちんと、整理できないことが多い。
収入自体や職場の待遇などが、どんなに手厚いとしても、毎日働いている状況そのものが悪いものになってしまったら、またもや他の会社に転職したくなることもあり得ます。
会社の決定に不満だからすぐに辞職。ひとことで言えば、こんな風な思考経路を持つ人に直面して、採用の担当は疑いの心を禁じえないのです。

就職しても就職できた職場を「思っていたような職場じゃない」場合によっては、「こんな会社にいたくない」そんなことを考える人など、ありふれているということ。
もちろん企業の人事担当者は、採用を希望している人の本当の才能を選考などで読み取って、「自社に有用で、役に立ちそうな人物かどうか」しかと確認しようとするのだ。そう思っている。
転職を考慮する時には、「今の仕事なんかより相当条件の良い企業があるはずだ」なんてことを、まずみんな揃って思うことがあるだろう。
せっかくの活動を一旦ストップすることについては、デメリットが挙げられます。今現在は募集をしているところも募集そのものが終わってしまうこともあると想定できるということです。
沢山の就職試験を続けていくと、不本意だけれども落とされることがあると、高かったやる気が日増しにみるみる落ちてしまうことは、誰でも起きるのが普通です。

このページの先頭へ