保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3です。

・勤務地域、駅チカ、徒歩10分圏内などの働く場所・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる施設が多数あります。

あなたにピッタリの求人を専任のコーディネーターが紹介します。ご希望の勤務条件はもちろん、職場の雰囲気や仕事内容、方針に至るまで豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。すべて無料なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

保育士・幼稚園教諭の転職・求人サイトの最新ランキングベスト3

  • 保育ひろば

    保育ひろば

    ■保育ひろば■
    「保育ひろば」は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っています。利用満足度94%と高い評価です。
    保育士もしくは幼稚園教諭の資格をお持ちの方。 現職ではない方は接客や販売業をされている方。
    「保育ひろば」のポイントは以下7つです。
    -----------------------------------------------
    1:給与24万円/賞与4ヶ月/勤務場所まで30分圏内
    など、好条件の求人多数(サイト上に掲載されない非公開求人も多数掲載)
    2:登録時に希望する条件の求人が無い場合も、希望の求人が新しく入ってきたら継続的にオファー!
    3:トップクラスの求人数!
    4:対応スピードが高速(登録~面談までは1営業日以内)
    5:即日勤務可能(登録~就業まで最短1日)
    6:内定から入職後まで手厚いフォロー!園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前にお伝え出来るため、ミスマッチが少ない
    7:日本全国で展開

    「保育ひろば」は 求人数、キャリアアドバイザーの質、サイトの見やすさで定評があります。 転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • ほいく畑

    ほいく畑

    ほいく畑は保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 あなたにピッタリの保育士求人を専任のコーディネーターが紹介します。

    ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、 豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。

    さらに、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートします。

    こんなあなたに最適です!
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
    ・保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事が初めての方
    ・ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
    ・すでに保育士として就業している転職層の方

    長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、 小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、 学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から紹介します。

    保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください!

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。

  • FINE!保育士

    FINE!保育士

    ★「FINE!保育士」の強み★
    =================================== FINE!保育士は日本最大級の求人数を保有している求人サイトです。

    保育の転職サイトのほとんどが人材紹介サービスであるため、 求人サイトであるFIINE!保育士は他のサイトとは異なる強みを持っています。
    1.園名など求人の全ての情報を見ることができる。
    2.現在募集している求人を探すことができる。
    ※転職したい保育士さんが自ら、希望の求人を探すことを可能にしています。
    ===================================
    【FINE!保育士5つの特徴】
    ・全国の保育園・保育施設の求人を掲載!求人数は日本最大級!
    ・転職相談から内定まで完全無料!
    ・プロのキャリアコンサルタントがひとりひとり丁寧に転職をサポート!
    ・ご希望のこだわり条件で自由に求人を検索することが可能!
    ・保育に関する豊富な情報を発信するお役立ちコンテンツも充実!
    【FINE!保育士のご案内】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    「FINE!保育士」は保育士・幼稚園教諭のための求人サイトです。
    全国に10,000件以上の好条件求人を掲載しており、お客様満足度は98.2%と 圧倒的な満足度を得ることができています。

    ・勤務地域、駅チカ、徒歩30分圏内
    ・残業なし、土日休み、賞与4ヶ月分などの好待遇条件
    ・ブランクがあっても寛容に受け入れてくれる保育施設

    完全無料サービスで、プロのキャリアコンサルタントが転職のサポートをいたします。 ※登録自体は30秒で完了する簡単なものになっています。

    転職で失敗しないためには、専門家にまず相談するのがおすすめです。無料でとても簡単なのでお試しで登録してみてはいかかでしょうか。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


内々定とは、新卒者に対する採用選考の企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは、10月1日以降でなければいけないと定義されているので、仕方なく内々定という形式にしているのである。
多くの場合就職試験の最新の出題傾向を専門誌などを使って前もって調べておいて、確実に対策を練っておくことが最優先です。ということで多様な就職試験の概要とその試験対策について案内いたします。
いわゆる「超氷河期」と初めて銘打たれた時期の若者たちは、マスコミが報道する話題や社会の風潮にどっぷり浸かる内に「就職がある分稀有なことだ」などと、働く場所を固めてしまった。
一部大学を卒業して、新卒から外資系企業への就職を狙う人も見られますが、現実としてたいていは、日本の企業で勤務して実績を作ってから、早くても30歳前後で外資系企業に転職というケースがよく知られています。
同業者に「父親のコネのおかげでシステムエンジニアとして勤務していたが、この業界に転職してきたのだ。」と言っている人がいるが、その人に言わせるとSEをやっていたほうが全く比較できないほど楽なのだそうである。

企業での実務経験が十分にあるならば、職業紹介会社でも大変利用価値がある。どうしてかといえば人材紹介会社などを使ってまで人材を集めている場合というのは、即戦力を求めているのである。
ひとたび外国籍企業で勤めていた人のほとんど多くは、依然として外資のキャリアを維持する特性があります。つまるところ外資から日本企業に就く人は、希少だということです。
大きな成長企業とはいうものの、確実に採用後も何も起こらないということじゃない。だから企業を選ぶときにそこのところについては時間をかけて情報収集を行うべきである。
給料そのものや処遇などが、どんなに良くても、働く境遇自体が思わしくないものになってしまったら、再び別の会社に行きたくなる可能性があります。
近年求職活動や転職の活動をしている、20~30代の年代の親の立場で言うと、まじめな公務員や大企業等に内定することこそが、理想的だと考えるものなのです。

どうあってもこのような仕事がしたいという明確なものもないし、あれかなこれかなと迷った末に、結局は実際のところ何がしたいのか面接を迎えても、アピールできないということではいけない。
就職面接を受けていく間に、着実に見通しもよくなってくるので、基本的な考えが不明確になってしまうといった事は、幾たびも多くの人が考えることなのです。
就職したものの選んでくれた会社について「思っていたような職場じゃない」であるとか、「退職したい」なんてことを考える人は、掃いて捨てるほどいて珍しくない。
あり得ないことかもしれませんが運送業などの面接試験のときに、せっかくの簿記の1級の資格があることを伝えてもまったく評価されません。逆に事務職の人のときだったら、即戦力がある人材として期待されることになる。
ハローワークなどの場所の斡旋を受けた場合に、その就職口に勤務することになると、条件(年齢等)によって、その先から職業安定所に向けて手数料が必要だそうです。


免許や資格だけではなくて実際に働いた経験がしっかりとあるならば、人材紹介会社でも十分利用価値はあるのです。なぜなら新卒者ではなく、人材紹介会社などを利用して人を探している働き口は、確実に経験豊富な人材を求めているのである。
転職者が職に就くには、臨時の仕事や、派遣の仕事で「職歴」を蓄えて、中小の会社を目的にして就職面接を行うというのが、およその早道なのです。
面接とされるものには「関数」とは違って完璧な正解がありませんから、どこがどのように良かったのかという基準は会社が違えば変わり、もっと言えば担当者によって違ってくるのが本当のところなのです。
面接選考に関しては、どういった部分が十分でなかったのか、ということを話してくれる丁寧な企業は見受けられないので、求職者が改良すべき部分を認識するのは、非常に難しいことです。
いわゆる会社説明会から加わって、筆記考査や面談とステップを踏んでいきますが、これ以外にも様々な企業でのインターンシップやOBを訪問したり、採用担当者との懇談などの対応方法もあります。

私も就職活動の当初は、「希望の会社に入社するぞ」とがんばっていたけれども、続けて採用されないことばかりで、最近ではもう採用の担当者に会うことすらコワくなっているのが本当のところです。
いわゆる給料や職場の対応などが、どれほど手厚いとしても、働いている環境そのものが悪質になってしまったら、再びよその会社に行きたくなる可能性だってあります。
「自分が培ってきた能力をこの企業でなら有効に利用することができる(会社に役立つことができる)」、ですからその職場を希望するというような理由も、一種の願望です。
いわゆる会社は社員に対して、幾らくらいの得策な条件で勤務してくれるのかと、どれほど早く会社の現実的な利益上昇に導くだけの能力を、奮ってくれるのかだけを心待ちにしているのです。
盛んに面接の時の進言として、「心から自分の言葉で話してごらんなさい。」という言葉を認めます。だが、自分ならではの言葉で話すことができるという意味内容が通じないのです。

この先ずっと、発展が続きそうな業界に勤務したいのなら、その業界が掛け値なしに拡大が見込める業界なのかどうか、急な発展に適合したビジネスが成り立つのかどうかを明らかにしておくことが大事でしょう。
途中で企業への応募を途切れさせることには、良くないことがあるということも考えられます。今現在は人を募集をしているところも求人が終わってしまうケースだってあると想定できるということです。
転職を想像するとき、「今いる勤務先よりもかなり上の条件のところがあるに違いない」こんな具合に、たいていどんな方でも想像してみることがあるに違いない。
なんとか根回しの段階から個人面接まで、長い順序を踏んで内定の連絡を貰うまで迎えたのに、内々定を取った後の出方を抜かってしまっては帳消しです。
今の勤め先よりもっと報酬や労働待遇がよい企業が見つかったような場合に、自ずから会社を辞める事を望むのであれば、思い切って決断することも大切だといえます。


多くの状況を抱えて、転職したいとひそかに考えているケースが予想以上に増えているのだ。だが、転職すると決めたはいいけれど、別なところに転職してからの人生設計が計画と異なる場合もわんさとあるのが実のところなのである。
新規採用以外で職に就くには、アルバイト・派遣でもなんでもいいので仕事の経歴を作ってしまい、あまり大きくない会社をめがけて面談をしてもらう事が、概ねの近道です。
会社の方針に疑問を持ったからすぐに退社。言いかえれば、こんな短絡的な思考回路を持つ人にぶつかって、採用担当の部署では被害者意識を持っています。
面接とされるものには「計算」とは違って完全な正解はないので、いったいどこが高評価だったのかなどといった判断基準は応募先によって、それどころか同じ会社でも面接官次第で変化するのが実態だと言えます。
概ね最終面接の時に聞かれるようなことは、それより前の面談の折に既に尋ねられたこととだぶってしまいますが、「志望したきっかけ」というのがとても多い質問のようです。

転職を思い立つ時には、「今の会社よりもかなり上の条件の勤務先があるに違いない」というふうなことを、絶対にどのような人であっても思い描くことがあるだろう。
野心や理想の自分を目的とした転業もあれば、企業の問題や生活状況などの外的な素因により、転職する必要が生じる場合もあるかと思います。
新卒でない人は、「入社が可能で、経験も得られそうな会社」なら、如何にしても契約しましょう。零細企業だろうと気にしません。実際の経験と履歴を蓄えられれば大丈夫です。
通常はいわゆる職安の仲介で入社する場合と、世間でいうところの人材紹介会社で就業するのと、いずれも並行していくことが良い方法ではないかと感じるのです。
いったん外国資本の企業で労働していた人の大勢は、そのまま外資の経歴を続けていく好みがあります。結局外資から日本企業に勤める人は、珍しいということです。

外資の企業の仕事の現場で欲しがられる仕事する上での礼儀や技術は、日本人サラリーマンの場合に必要とされる身の処し方やビジネス履歴の枠をかなり超越しています。
例えるなら運送の仕事の面接の場合、どんなに簿記の1級の資格について伝えてもまるっきり評価の対象にならない。事務職の試験のときであれば、即戦力の持ち主として期待されるのです。
内省というものをするような時の注意しなければならない点は、哲学的な表現をなるべく使用しないことです。観念的なフレーズでは、多くの応募者を選んでいる人事担当者を受け入れさせることは困難なのです。
関係なくなったといった見方ではなく、苦労の末自分を認定してくれて、内定通知を決めてくれた企業に臨んで、真心のこもった態勢を取るように心を砕きましょう。
苦しい状況に陥っても肝要なのは、自分自身を信じる強い心です。きっと内定を受けられると考えて、あなただけの人生をたくましく歩みましょう。

このページの先頭へ